このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.11.21

Candee、Kaizen Platformと協業し認知から獲得までフルファネルでの動画広告マーケティングソリューションをワンストップで提供開始

モバイル動画を軸に、メディア事業、広告事業、タレントマネジメント事業を展開する株式会社Candee(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:古岸 和樹 以下Candee)と、動画広告マーケットプレイス「Kaizen Ad」を運営する株式会社Kaizen Platform(本社:東京港区、代表取締役:須藤 憲司、以下Kaizen Platform社)が協業し、動画クリエイティブのPDCA運用を前提にした動画広告を制作・配信し、分析結果を元に継続的なクリエイティブ改善を行うソリューションを提供致します。これにより、認知から獲得までを網羅したフルファネル・マーケティングにより、パフォーマンスの最大化を実現致します。

2社の強みとサービスの特徴

Candeeは2015年に設立以来、ライブ配信9,800本以上、モバイル動画1,300本以上を企画から制作・配信までワンストップで行なっており、動画広告が得意とする認知〜比較検討までのファネルにおける知見と実績を持っています。
一方、Kaizen Platform社は、データに基づきながら動画広告クリエイティブを改善する「KAIZEN Ad」を提供しており、多くの動画広告クリエイティブに対してPDCAを運用してきました。

現在の動画広告は、クリエイティブのPDCA運用まで実施しない事例が多く、実施する場合も分析結果の度に動画クリエイティブを再発注する必要があり、コストも時間もかかるという課題点がありました。この度の協業で提供するソリューションは、企画時から複数のクリエイティブ制作を想定しているため、動画クリエイティブのPDCA運用を前提とした動画制作が可能です。 この、“完パケ”の概念をなくした動画広告制作により、今までの課題を解決するだけでなく、認知から獲得までフルファネルでの動画マーケティングを実現いたします。

<現在の動画広告>

< Candee × KAIZEN Platformの新ソリューション>

※具体的な活用シーン

  • ・動画広告に積極的に取り組みたいが、テレビなど動画を利用したコマーシャル活動の実績が少なく社内に素材がない
  • ・YouTube用のオリジナル動画を制作し、広告素材としても同時に活用したい
  • ・リアルタイム配信動画をFacebookやTwitterなどのSNS広告の素材に活用したいがノウハウがない
  • ・制作した動画広告を実際の成果に合わせてスピーディに最適化していきたい

Candee概要

Candeeは2015年に設立以来、ライブ配信9,800本以上、モバイル動画1,300本以上を企画から制作・配信までワンストップで行なってきました。モバイル動画市場における知見を有する経営陣及びスペシャリスト集団のもと「新しい時代のカルチャーとスターの創出」をミッションに掲げています。 2017年6月より、ライブ配信中に購入できるソーシャルライブコマース「Live Shop!(https://liveshop.jp/)」を提供し、モバイル動画時代のトップランナーとして業界を牽引しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加