このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.11.30

富士通とサイトコア、デジタルマーケティング分野における協業を拡大

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)とサイトコア株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表取締役:酒井 秀樹、以下、サイトコア)は、これまでの協業範囲を拡大し、サイトコアのWebコンテンツ管理ソフトウェア「Sitecore® Experience Platform™(以下、Sitecore XP)」を、富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5(以下、K5)」上から提供することで合意しました。富士通は今後、「Sitecore XP」をクラウドサービスとして提供していきます。

なお、サイトコアのパートナーが、自身が持つクラウド基盤上からクラウドサービスとして提供するのは国内で初めてとなります。富士通は本サービスを、2018年度上期(4-9月期)に国内で展開していきます。

本サービスの提供に当たり、富士通は、「Sitecore XP」の導入経験豊富な技術者による導入から運用までのトータルなサポートを提供します。加えて、これまでの「Sitecore XP」の導入実績や、社内実践による自社Webサイトでの活用で培った知見やノウハウをベースに開発した、「Sitecore XP」導入を容易にする業務テンプレートや開発コンポーネントも併せて提供します。

両社は今後、本サービスのグローバル展開も視野に、デジタルマーケティング分野における取り組みをさらに拡充し、お客様のビジネス革新に貢献していきます。

背景

近年、スマートデバイスやSNSの普及に伴い、企業活動においてWebサイトをデジタルマーケティングの中核ツールとして戦略的に活用する動きが活発化しています。

富士通とサイトコアは、2010年よりデジタルマーケティング分野での協業を開始し、金融や製造をはじめさまざまな分野のお客様にオンプレミスで「Sitecore XP」を提供し、Webサイトを活用したデジタルマーケティングによる企業価値向上を支援してきました。また、富士通はそうした導入実績に加え、自社で「Sitecore XP」を活用したWebサイトをクラウド基盤上で構築、運用する社内実践を通じ、サイトコアの国内パートナーでは最多となるサイトコア認定エンジニア約40人を育成してきました。

両社はこのたび、「Sitecore XP」のビジネス拡大に向けて協業範囲を拡大し、従来のオンプレミスでの提供に加え、高い信頼性を備えた「K5」上から富士通のクラウドサービスとして提供することで合意しました。これにより、お客様は要望に合った「Sitecore XP」の導入形態を選択できるとともに、「Sitecore XP」によるWebサイトの迅速な構築や運用、デジタルマーケティングによる戦略の高度化が可能になります。

「Sitecore XP」の特長

「Sitecore XP」は、多様なコンテンツ管理機能やマーケティング機能が一元化された拡張性の高いWebコンテンツ管理ソフトウェアで、他のCRMやBIツールとも簡単に連携させて使用することが可能です。現在世界50か国、5,200社以上で利用されています。

Webサイト訪問者の属性やサイト上での行動パターンに合わせてコンテンツを表示するパーソナライズ機能に加え、お客様の社内システムに散在するさまざまな顧客関連データや、連携させたSNSなどの外部システムから得られる情報を収集、分析し、訪問者に最適なアプローチを自動的に行う機能など、デジタルマーケティングに必要なさまざまな機能を備えています。

富士通が提供するクラウドサービス

1.可用性・セキュリティが確保された富士通のクラウドサービス「K5」上から「Sitecore XP」を提供
富士通の堅牢なデータセンターから提供される「K5」上から、「Sitecore XP」を富士通のクラウドサービスとして提供します。「K5」はWebサイトの負荷に応じてリソースを変更できるため、柔軟でセキュアなWebサイトの運営を実現します。

2.短期間でのWebサイト開設を可能にする業務テンプレートや開発コンポーネントの提供
富士通の自社Webサイトでの「Sitecore XP」活用やお客様への導入で培った知見やノウハウをベースに独自開発した、グローバルWebサイトやイントラネットサイトの構築、販売代理店や会員向けサイトなどにおけるデジタルマーケティングの業務テンプレートを提供することで、効率的にWebサイトの構築を行うことができます。
また、Webサイトの運用を効率化できるコンテンツの一括登録機能や一括承認機能、ログイン認証機能などを開発コンポーネントとして予め準備しています。開発コンポーネントを活用することで、お客様はこれらの機能を一から開発することなく、Webサイトの運用効率化が可能になります。

富士通 サイトコア
図.「K5」上から富士通のクラウドサービスとして提供される「Sitecore XP」のイメージ

高いスキルを持った技術者がデジタルマーケティングの企画から導入、運用までをワンストップで支援
富士通は、デジタルマーケティングに関するコンサルティングから施策実行までのサービスと、それを支える製品やソリューションを「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360」として体系化し、お客様の戦略的なマーケティング活動を支援してきました。その提供を通じて豊富な知見やノウハウを蓄積してきたマーケティングコンサルタント、データエンジニア、データキュレーターが、効果的なデジタルマーケティングの企画からアプリケーションやシステム基盤の設計・開発・運用までをワンストップで支援します。

Sitecore Corporationおよびサイトコア株式会社について

Sitecore Corporation(本社:デンマーク コペンハーゲン)は、コンテクストマーケティングを実現するためのカスタマーエクスペリエンス管理ソフトウェアを提供しています。「Sitecore® Experience Platform」では、さまざまなコンテンツを管理しながら、顧客の興味・関心や行動履歴から得られるコンテクスト情報を利用し、それにあわせた最適なコミュニケーションを自動化します。企業のマーケティング担当者は、顧客がどのように自社ブランドと接触しているかに関するコンテクスト(文脈や背景)を把握・理解したうえで、それに基づいた最適なコンテンツを、すべてのチャンネルを通じてリアルタイムに提供できます。顧客や企業を満足させ、ブランドロイヤリティを築き、収益を向上するためのコンテクストマーケティングを実施するために、世界各国の大手企業や公的機関など5,200社以上がSitecoreのソリューションを採用しています。主な導入企業は、American Express、Carnival Cruise Lines、EasyJet、L’Orealなどです。サイトコア株式会社は、Sitecore Corporationの日本法人です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加