このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.12.1

マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、マーケティングオートメーション「Marketo」と連携開始

marketo_adebis

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、株式会社マルケト(本社:東京都港区、代表取締役社長 アジア太平洋日本地域担当プレジデント:福田 康隆)が提供するマーケティングオートメーション「Marketo」の連携を開始することを発表します。

昨今、顧客の購入履歴や行動履歴などを分析し、一人ひとりのニーズに合わせてメールや広告配信を行うOne to Oneマーケティング(ワントゥワンマーケティング)を取り入れている企業が増えています。One to Oneマーケティングは、顧客の趣向やニーズに合わせて展開するマーケティング手法のため、顧客がどのような経路で何を見て成果に至ったのかを知ることが重要となります。
しかし、広告や自然検索といった流入元の情報、Webサイトの閲覧などの多岐に渡る活動履歴データを、顧客情報に取り込み、その後メール配信に生かすことは、膨大な開発コストを要することから、実現は困難とされてきました。

アドエビスとマーケティングオートメーション「Marketo」を連携することにより、アドエビスで計測された動画広告の視聴やバナー広告のクリックといった活動履歴データを、Marketoが保有する顧客情報側にシームレスに紐付けることが可能となります。これにより、顧客がコンバージョンに至った経緯を加味した上で必要なコンテンツを、適切なタイミングで届ける一気通貫したOne to Oneマーケティングを実現できます。

例えば、広告やキャンペーンに応じたリードのスコアリングや、流入経路に応じたメールによるリードナーチャリングといったマーケティングオートメーションの機能拡充はもちろん、成約に至った顧客を獲得したキャンペーンの可視化といった、広告のレポーティングにもご活用いただけます。
これにより企業は、迅速に顧客ニーズを汲み取り、最適なアプローチを行うことで、見込み顧客の獲得から育成まで、継続的な信頼関係の構築が可能になります。

marketo_adebis

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。
「Marketo」について

マルケトは、世界有数のエンゲージメントプラットフォームを提供する企業です。マーケターが顧客と長期的な関係を築いて売上を伸ばせるよう支援します。常に業界のイノベーションのパイオニアとして、Marketoは、拡張性、信頼性、開放性が評価され、数多くのCMOの信頼を得ているプラットフォームです。カリフォルニア州サンマテオに本社を置き、世界中にオフィスを展開して、戦略的パートナーとして、多岐にわたる業界の大企業や急成長企業をサポートしています。エンゲージメントプラットフォーム『Marketo』、パートナーエコシステムのLaunchPoint®、大規模なコミュニティMarketing Nation®の詳細については、こちらをご覧ください。https://jp.marketo.com/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加