このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.12.5

プラットフォーム・ワンのDSP「MarketOne®」、「ads.txt」に応じた広告入札へ対応

market one

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)と、DACの連結子会社である株式会社プラットフォーム・ワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋葉典秀、以下 P1)は、P1のDSPである「MarketOne®」について、米国のインタラクティブ広告業界団体である Interactive Advertising Bureau(以下 IAB)が推奨する「ads.txt」に応じた広告入札へ対応することをお知らせいたします。

背景

昨今、欧米および日本のデジタル広告取引において、アドフラウド(Ad Fraud:広告詐欺)(※1)への対応が大きな課題となっています。特にDSPを利用して、RTB(リアルタイム・ビッディング)を通じて広告枠を購入する際に、広告主が想定していた媒体の広告枠に配信されていなかったという状況が一部で起きています。
このようなデジタル広告のサプライチェーンへの信頼性が懸念される問題に対し、従来は広告主や DSP 事業者で購入したインプレッションが対象媒体のインプレッションであるかを確認する手段はありませんでした。IAB が 2017年5月に公開した「ads.txt」は、こうした課題を解決する手段として、大きな期待が寄せられています。

「ads.txt」の概要

「ads.txt」は 、IAB が提唱する、プログラマティック広告の透明性向上を目的とした取り組みです。媒体社が、自社の「ads.txt」ファイルを作成し、自社媒体のウェブサーバーに設置・公開することで、広告枠の販売を許可する事業者(SSP、アドエクスチェンジ等)を示すことができます。DSP事業者はその内容を確認し買い付けを行うことで、特定のドメインから配信されたと見誤らせるような偽の広告枠(ドメインのスプーフィング:なりすまし)等、リスクの高い広告枠への広告出稿を防ぐことが可能になります。

「MarketOne®」での対応について

この度「MarketOne®」では、アドフラウドの排除と透明性の担保を目的として、「ads.txt」の内容に応じた広告入札への対応を実施いたします。具体的には、クローリングを行い収集した「ads.txt」の記述内容と、広告枠からの広告リクエストの内容に不整合がある場合、買い付けを行わないまたは広告入札単価の抑制等を行います。
日本の媒体社への「ads.txt」導入促進、サポートについてはP1が提供するSSP「YIELDONE®」での対応を開始しており(※2)、「ads.txt」の普及の推進も積極的に行います。更に、「MarketOne®」の今後の対応として、配信したインベントリーに対する「ads.txt」導入有無に関するレポーティングや、「MarketOne®」利用ユーザが任意で配信制御設定を行える機能の実装を予定しております。

DACおよびP1は、今後もデジタル広告の信頼性を高めるべく、アドフラウドやブランドセーフティ(※3)といった課題の解決に取り組み、真に安全で効果のあるデジタル広告の発展を推進してまいります。

(※1)アドフラウド(Ad Fraud):自動化プログラム(Bot)を利用したり、スパムコンテンツを大量に生成したりすることで、インプレッションやクリックを稼ぎ、不正に広告収入を得る悪質な手法(JIAA「インターネット広告基礎用語集」2017 年度版より抜粋: https://www.jiaa.org/dbps_data/_material_/common/jiaa/20170801_adfraud_statement.pdf
(※2)2017年9月8日プレスリリース『SSP「YIELD ONE®」利用媒体社への「ads.txt」設定支援を開始』http://www.dac.co.jp/press/2017/20170908_adstxt
(※3)ブランドセーフティ(Brand Safety):広告が掲載された場所は適切であったのかを確認する、または適切な掲載先へ配信するようコントロールする考え方及びその仕組み


  • このエントリーをはてなブックマークに追加