このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.12.6

朝日広告社、位置情報データを基にした流通・小売企業向け「ON AIR Analytics for リテール」を発表

ON AIR Analytics for リテール

朝日広告社は今年7月より、企業のマーケティング施策の各種データをリアルタイムに統合・可視化し、企業内でその効果を共有できるCMO・部門長向けクラウド型統合マーケティング管理プラットフォーム「ON AIR Analytics(オン・エアー・アナリティクス)」*1のサービスを提供して参りました。

この度、この機能を応用し、流通・小売(リテール)企業向けの新サービス「ON AIR Analytics for リテール」を発表いたします。このサービスは、株式会社ブログウォッチャーと連携し、同社が提供する100以上のアプリから得られる国内最大級の位置情報データを活用したプラットフォーム「プロファイルパスポート」により、来店客数や来店顧客の居住エリアなど各種マーケティングデータを自動収集します。これに折込チラシの配布エリアデータやテレビCMのメタデータなどを連携させることで、流通・小売企業のマーケティング施策の来店効果をリアルタイムに統合・可視化し共有できる環境を構築できます。

株式会社朝日広告社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:上田 周)は、今年7月に発表した「ON AIR Analytics」のサービス提供を通じて、企業内のデータ作成業務の軽減と新たな課題の発見につなげ、マーケティング施策のPDCAの高速化およびROASの改善をサポートしています。

この度、「ON AIR Analytics」の機能に、株式会社ブログウォッチャー(本社:東京都中央区/代表取締役社長:戸田 洋平)との連携により、同社が提供する位置情報データプラットフォーム「プロファイルパスポート」のデータを活用した、流通・小売企業向け統合マーケティング管理プラットフォーム「ON AIR Analytics for リテール」のサービス提供を開始します。
「プロファイルパスポート」は、大手メディア企業アプリ、乗換案内アプリ、カレンダーアプリなどの大量の位置情報データを高精度で取得・保有しており、小売店舗や商業施設などの来店顧客の集客状況や、一定時間店舗に滞留した来店顧客の居住エリアもデータ集計が可能となります。

「ON AIR Analytics for リテール」は、「プロファイルパスポート」のデータと企業が持つPOSデータ等に加え、折込チラシの配布エリアデータやテレビCMのログデータ、メタデータなどの各種マーケティングデータをリアルタイム*2に統合・可視化して分析が可能となります。企業内に散在するビジネスデータの管理・分析方法に変革をもたらし、マーケティング施策の効果をリアルタイムに共有できる流通・小売企業向けの新たな管理プラットフォームです。

朝日広告社とブログウォッチャーは「ON AIR Analytics」の技術利用と「プロファイルパスポート」のデータ利用の面で連携し、それぞれ企業のマーケティング施策のサポートを行っていきます。

流通・小売企業が活用する折込チラシやポスティングをはじめ、テレビCM、新聞広告など様々なオフライン広告の効果測定・分析結果が企業内で共有可能
昨今、複雑化するマーケティング環境において企業に求められるのは、必要なビジネスデータを効率的に共有し、現場のPDCAサイクルや経営者・決裁者の意思決定のスピードを加速することです。「ON AIR Analytics for リテール」は、この課題を解決する革新的なプラットフォームです。
例えば、企業がマーケティング施策として実施する「折込チラシ」と来店客数や、来店顧客の居住エリアの統合分析による効果測定をはじめ、来店に対する「折込チラシ」の貢献度を人手をかけずに迅速に測定・評価できます。

来店顧客の居住エリアの推定

朝日広告社

店舗に訪れた顧客に対するリピート来店の促進や、クーポン配布等O2O*3の展開が可能

大手メディア企業アプリ、乗換案内アプリ、カレンダーアプリなどの100以上のアプリからなる国内最大級の位置情報データプラットフォーム「プロファイルパスポート」から得られるデータを連携し、自社店舗に訪れた顧客に対するリピート来店の促進や、クーポン配布施策等に活用することで、エリアマーケティングの活性化を支援します。また、来店顧客だけ選定しFacebook、Twitter、LINEなどのSNS広告やDSPを経由したディスプレイ型広告の配信が可能となります。

流通・小売企業向け「ON AIR Analytics for リテール」のサポート範囲
*1 「ON AIR Analytics」の概要(2017年7月既報/朝日広告社ニュースリリースより)
  企業内で管理する売上やPOSデータ、来店客数など各種データに生活者のオンライン上の行動データやテレビCMのログデータやメタデータを連携することで、企業のマーケティング施策の効果をリアルタイムに統合・可視化し、企業内専用のダッシュボード上で共有できる、企業のCMO、部門長向け統合マーケティング管理プラットフォーム。
*2 15分ごとのデータ更新が可能。
*3 本機能では逆のオフライン・ツー・オンラインも可能。

「ON AIR Analytics for リテール」の特長

1.【データの量】100以上のアプリと連携し国内最大級の月間2,000万MAUの位置情報データを保有
2.【データの質】最短5分間隔で精度の高い位置情報データを取得 ※状況により変動します
3.【商圏の捕捉】常に最新の来店顧客データを自動収集することで、集客施策のエリア検証が可能
4.【O2Oの実施】来店済顧客に対するリピート来店促進や、クーポン配布等O2O施策を簡単に実施


  • このエントリーをはてなブックマークに追加