このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.12.26

アイモバイルの動画アドネットワーク「maio」、「AdMob メディエーション」と連携及びオープンソースに対応

maio

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証マザーズ上場:証券コード 6535、以下アイモバイル)はスマートフォンに特化した動画アドネットワーク「maio(マイオ)」において、Google の提供する広告収益ソリューション「AdMob メディエーション」と連携を開始いたしました。今回、動画広告においてのメディエーション正式連携及びオープンソース対応(※)となり、アプリデベロッパーに対して技術的な実装を含め収益改善をサポートしていきます。

連携の目的

近年、市場規模が上がっていくと予測されている動画広告では、より高い収益性や、ユーザーへの訴求力が求められています。アイモバイルでは AdMob メディエーションとの連携及びオープンソース対応を実施することでアプリデベロッパーへの収益最大化支援を狙いとしています。連携により今後は動画広告配信において、AdMob メディエーションを通し maio の収益性の高い広告を容易に配信することが可能となります。国別の配信設定をはじめ、自社アプリの広告トラフィックを収益性の高いネットワーク順に自動的に振り分け、優先順位の高い広告が表示されなかった場合は次に優先順位の高い広告を掲載するなど、アプリの運用や収益に関して柔軟に活用いただけます。

要約

・動画広告アドネットワークにおいての正式連携
・オープンソース対応による実装の簡易化を実現
・AdMob メディエーションとの連携を通して収益最大化及び運用支援を実施

今後の予定

当社では、今後も実装から運用までアプリに特化した収益最大化支援を行い、より良いサービス構築を行って参ります。また、AdMob メディエーションへの連携をきっかけに国内のみならず国外への事業展開も視野にいれアプリデベロッパーへの高い技術提供を行って参ります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加