このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.1.16

AppLovin、集英社のマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」にネイティブ広告の提供を開始

applovin

アプリデベロッパー向けの包括的なマーケティングプラットフォームを提供するAppLovin(読み方:アップラビン、本社:カリフォルニア州パロアルト)の日本法人、Applovin株式会社(以下「AppLovin」)は、株式会社集英社(本社:東京都千代田区)と、このたびアプリ内広告配信において連携し、集英社の運営するマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+(プラス)」のユーザーに対し、AppLovinが主にマンガアプリ向けに特化した新しい広告フォーマット「縦型ネイティブ広告」の配信を開始します。

この連携により、AppLovinに出稿する広告主は、「少年ジャンプ+」の広告在庫に対し広告の最適化配信が可能になります。一方、「少年ジャンプ+」にとっては、AppLovinの自由度の高いネイティブ広告フォーマットを活用することで、アプリでマンガを読むという本来のユーザーの目的を邪魔しない形で広告を配信することが可能になります。これによって「少年ジャンプ+」本来の高いユーザビリティーを維持しつつ、収益向上が期待できます。
                                       

「少年ジャンプ+」について

「少年ジャンプ+」は、集英社が提供する総ダウンロード数800万(2017年9月時点)を超えるマンガ誌アプリ。50作以上のオリジナル無料連載マンガを掲載し、「週刊少年ジャンプ」電子版や「ジャンプコミックス」の購読もできます。

AppLovinについて

AppLovin(アップラビン)はあらゆる規模のアプリデベロッパーが、質の高いユーザーにアプローチできる包括的なプラットフォームを提供しています。2012年の創業以来、個人デベロッパーから大手ゲーム会社まで、それぞれのフェーズにおいてビジネスが成長できるよう、マーケティングやマネタイズ、資金調達に至るまでのノウハウの提供とサポートを行っています。スマホアプリ市場で成功するための知識を備え、デペロッパーの目標達成を手助けできるパートナーとして信頼を得ています。詳しくは www.applovin.com/jp をご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加