このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.1.26

Supershipの「Ad Generation」、新型広告配信ロジックを適用開始

Supership株式会社(以下、Supership)は、同社の提供する媒体社向け広告配信プラットフォーム「Ad Generation(アドジェネ)」にて、新しい広告配信ロジックの適用を開始しました。

「Ad Generation」では、アドネットワークの広告配信について、複数の広告配信事業者のなかから配信実績を基に収益性を自動的に取得し、配信順位(ウォーターフォール配信)や、配信比率を最適化することが可能です。

あわせて、DSP事業者によるRTB方式の広告配信おいては、原則として配信中のアドネットワークのなかで一番高い単価をフロアプライスとし、DSP各社に入札リクエストを行っておりました。
配信中のアドネットワークのなかで一番高い単価をフロアプライスとし、オークション(従来ロジック)

しかしながら、昨今、外資系アドネットワークを中心として、広告配信条件に一致する場合のみ、より高単価な広告を配信する事業者が増えております。

この場合、配信条件に一致しない場合は、広告単価が下位のアドネットワークの広告が配信されることとなり、従来のロジックではDSP事業者の広告配信に機会損失が生じる課題がありました。
配信条件に一致しない場合は、広告単価が下位のアドネットワークの広告が配信される=DSP事業者の機会損失(従来ロジック)

今回適用を開始した新しい広告配信ロジックでは、DSP各社と配信可能なアドネットワーク各社の広告単価を同列に競争させ、より単価の高い事業者の広告を配信することが可能になります。

これにより、DSP事業者は広告配信機会を大幅に向上することができ、結果として、媒体社はさらなる収益性の向上が期待できます。
Ad Generationの新しい広告配信ロジックイメージ
本ロジック変更は広告タイプを問わず全てのデバイスにおける広告枠において1月25日より一斉にデフォルトで適用されるため、既に「Ad Generation」をご利用の媒体社は特別な設定・手続きをすることなく、本機能をご利用いただくことが可能となります。

なお、1月25日に開催予定の「Ad Generation」主催のアプリ媒体社向けセミナー「第15回アドジェネ ビールナイト」では、本ロジック改善についてより詳細な解説を行う予定です。
URL:https://beernight15.peatix.com/

「Ad Generation」は、パートナーシップを結ぶ国内外の数多くの収益性の高い広告配信事業者のなかから、配信実績に基づいて最適な広告配信を自動で行い、レポートや売上の一元管理することで、媒体社の広告収益最大化と広告運用コスト削減を支援する媒体社向けの広告配信プラットフォームです。

“制約なくご利用いただけるアドサーバー”という設計思想に基づき、Google社の「AdMob」やFacebook社の「Audience Network」などの媒体社が直接契約する広告配信事業者との連携が可能な『カスタムメディエーション』機能や、画像や動画素材を独自に入稿して配信する『純広告(自社広告)』機能など、パートナーの広告配信だけでなく、媒体社のニーズに合わせて使い勝手が良いようカスタマイズしてご利用いただける自由度の高さにより、月間配信実績は350億imp(インプレッション)を突破し、スマートフォンアプリ/ウェブにおける配信実績としては国内最大規模を誇ります。

Supershipは、今後も「Ad Generation」において、媒体社のニーズにあわせた機能開発やサービスをご提供することで、媒体社の広告収益の向上に尽力してまいります。

Ad Generationについて

「Ad Generation(アドジェネ)」は、複数のDSPやアドネットワークから、最も収益性の高い広告を自動配信し、媒体社の広告収益最大化を支援する媒体社向け広告配信プラットフォームです。
月間配信実績は350億imp(インプレッション)を突破し、スマートフォンアプリ/ウェブにおける配信実績としては国内最大規模を誇ります。

Supership株式会社について

当社は、「すべてが相互につながる『よりよい世界』を実現する」という理念のもと、広告事業・インターネットサービス事業・プラットフォーム事業等の事業基盤を活かした新たな価値の提供を目指すKDDIのグループ会社です。今後、スマートフォン最大規模の顧客接点とデータ利活用により、お客さまのご期待に応える新たなサービスを提供していきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加