このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.2.8

ディップ、学生と自社製品・商品をPRしたい企業・店舗をつなぐサービス 「GenicJD」をリリース

ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨田英揮、以下 ディップ)は、日本初となるインスタグラムユーザーである学生と自社製品・商品をPRしたい企業・店舗をつなぐサービス 『GenicJD』(https://www.genicjd.me/)の事前登録を2月6日(火)より開始いたしました。本サービスはディップの学生インターンを中心とした新規事業開発体験プログラム「UNIV.Accelerator」で企画・開発し、リリースは2018年春を予定しています。

『GenicJD(ジェニック ジェー ディー)』とは?

『GenicJD』(https://www.genicjd.me/)は、インスタグラムを利用し、グルメ・ファッション・コスメなどのインスタ映え写真を撮りたい女子大生(JD※1)と、学生や若年層に自社商品・メニュー・サービスなどをPRしたい企業・店舗とが双方に活用できるサービスです。企業・店舗がインフルエンサーとなる女子大生にオファーし、選ばれた女子大生の希望内容と一致すれば、サービス成立となります。
ニールセンデジタル株式会社が行った調査によると、国内のインスタグラム利用ユーザーのうち、男女比率で女性が6割、年齢層では20~30代の利用者が多いことがわかりました(2016年7月時点)。そこで、インスタグラムに関心の高い女性の大学生に着目し、ディップの学生インターンプログラム「UNIV.Accelerator」にてインタビューを実施したところ、「インスタ映えする写真はたくさん撮りたいけれどお金がかかる」という悩みが多く挙がり、その課題解決に誕生したのが本サービスです。

※1 JD…「女子大学生」の略で、女子大生をローマ字にして頭文字を取って表現された言葉

001.jpg

ユーザー向け概要・メリット

本サービスに登録すれば、自社製品・商品をPRしたい企業・店舗からオファーが届き、自身の希望と一致すればインフルエンサー(※2)としてオファー企業・店舗からお得に商品・メニュー・サービスなどが受けられ、インスタグラムに投稿いただけます。なお、登録条件は、インスタグラムのアカウントをお持ちの、インフルエンサーとして必要なフォロワー(※3)数2,000人を超えているユーザーに限定させていただきます。

※2 インフルエンサー … 「Influence」(影響、感化、作用の意)を語源とする言葉で、他人や一般社会に大きな影響をもたらす人や物事のこと。
※3 フォロワー … ソーシャルネットワークサービスにおいて特定のユーザーページを登録(フォロー)し、そのユーザーの投稿や活動を閲覧・支持している別のユーザーのこと。

使い方

登録、案件への応募は全て無料です。使い方も以下の4ステップで簡単にご利用いただけます。

ユーザー向け事前登録URL:http://for-influencer.strikingly.com/

002.jpg

企業・店舗様向け概要・メリット

本サービスに登録するユーザーは、インスタグラムを積極的に活用し、フォロワー※3数2,000人を超えているユーザーに限定しています。その中でも女子大生たちは、同じ大学の友達のみならず、趣味・趣向の合うフォロワーや同世代のフォロワーを多く抱えているので、企業・店舗のアピールしたい商品・メニュー・サービスなどを、インスタグラムを通して学生や若年層に効率よく拡散することが可能です。本サービスは、企業・店舗が登録ユーザーの中から自社製品・商品をPRしてほしい方にオファーし、双方の希望が成立した時点でサービス利用料金が発生します。費用は1選定あたり4,000円※4からとなり、広告出稿料を抑えたPRなどにご利用いただけます。なお、企業・店舗より提供いただく商品・サービス・メニューなどの費用は、企業・店舗でご負担いただくこととなります。
※4 本サービス内容およびイメージ画面は開発中のため、変更となる場合がございます。

使い方

登録料、月額利用料、案件掲載料は無料で、PRしてほしいインフルエンサーとの双方の希望が成立した時点でサービス利用料金が発生します。使い方も以下の3ステップで簡単にご利用いただけます。

企業・店舗様向け事前登録URL:http://for-campany.strikingly.com/

003.jpg

「UNIV.Accelerator(ユニヴァ・アクセラレータ)」とは

ディップでは2016年11月より、事業化・資金調達を積極支援する起業家相談窓口として「スタートアップカフェ(http://startuptimes.jp/2017/12/08/38421/)」を、2017年4月よりAI・人工知能ベンチャー企業を対象とした新規事業創出を目指す日本初のアクセラレータープログラム「AI.Accelerator(http://ainow.ai/accelerator/)」を開始し、積極的に支援活動を行なってまいりました。
2012年の政府統計で、在学中の学生起業者は約4,000人。2007年の約9,000人弱に比べると、学生起業家は減少傾向となっています。そこでディップは学生起業家の育成・支援に着目し、より多くの大学生が事業創造の工程を学び、楽しさを実感していただくため、学生インターンを中心に新規事業開発の体験プログラム「UNIV.Accelerator」を2017年4月より実施いたしました。プログラムでは、新規事業の企画工程を体験でき、最終プレゼンテーションで選ばれた企画にディップがサービス立ち上げの支援を行いました。

・「Instagram」は、 Instagram, LLCの商標または登録商標です。
・当発表を引用・転載される際は 出典(ディップ株式会社『GenicJD』-報道発表資料)の表記をお願いいたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加