このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.2.14

ブレインパッド、SNSの投稿画像をAIで解析しドリンクの消費シーンを分析

ブレインパッド ドリンク

株式会社ブレインパッドは、日本コカ・コーラ株式会社のプロジェクトの一環として、SNSの投稿画像をAIで解析し、ドリンクの消費シーンを分析する取り組みを実施したことを発表します。

消費シーンの実態をより把握するために画像解析を活用

 食品メーカーにとって、自社商品がどのような生活シーンで消費されているのかを把握することは、消費者心理を深く理解するための重要課題の一つです。
 消費者へのインタビューやインターネットへの書き込み内容の分析を通じた従来の消費者意識の把握に加え、昨今のディープラーニングなどを用いた画像解析技術の進化を受け、消費シーンの実態をより深く理解することを目的として、機械学習などを用いた画像解析に実績のあるブレインパッドの提供するサービスを活かし、SNSの投稿画像から消費シーンを分析する取り組みを実施いたしました。

SNS上の「特定ブランドのドリンク」が写った画像約10万枚の解析が可能に

 本取り組みでは、SNS上の投稿画像の中から、特定ブランドのドリンクが写った画像のみを抽出(*1)し、一緒に撮影されている物体や、背景、人物の表情などから、消費者がそのドリンクを飲むシチュエーションや、一緒に食べられている食料品などを解析しました。
 実際の解析工程においては、機械学習を用いて消費シーン以外の画像(例:広告や自動販売機の画像など)の排除や、一緒に撮影されている物体の識別を行い、約10万枚の画像の分類・集計が可能となりました(*2)。また、共起ネットワーク(*3)や階層クラスタリング(*4)により、そのドリンクがどのような生活シーンで飲まれることが多いのかを可視化したり、季節の行事ごとの消費傾向の違いなどを解析しました。 

ブレインパッド ドリンク

今後もブレインパッドは、これまでに培ったデータ活用・分析の豊富な知見と数多くの実績を活かし、クライアント企業の経営課題の解決に取り組んでまいります。

(*1)ブレインパッド提供のソーシャルリスニング・プラットフォーム「Crimson Hexagon ForSight™ Platform(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト・プラットフォーム、文中ではCrimson Hexagonと記載)」を使用。
(*2)Google™ が提供するクランドコンピューティングのプラットフォーム「 Google Coud Platform 」にて提供されている画像認識サービス「 Google Cloud Vision API 」を使用。
(*3)共起ネットワークとは、文書からその文書を特徴づける語の抽出を行い、特徴語同士の共起(任意の文書において、ある文字列とある文字列が同時に出現すること)関係を、ネットワーク図にするもののこと。
(*4)クラスタリングとは、データマイニングの手法の一種。異なる性質のものが混ざり合っている集団  (データ)の中から、データ間の類似度などに従って塊(クラスタ)を作り、集団をいくつかグループに分類すること。階層クラスタリングとは、最も似ている組み合わせから順番に塊にしていく方法。

ご参考情報

●「Crimson Hexagon ForSight™ Platform(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト・プラットフォーム)について
 http://www.brainpad.co.jp/products/CrimsonHexagon.html
 「Crimson Hexagon ForSight™ Platform」は、ソーシャルメディアから、ブランドや商品に対する世界中の顧客エンゲージメントを分析するプラットフォームです。ソーシャルメディアのデータを用いた顧客インサイト分析により、マーケティングとビジネス・プログラムの活性化、最適化を実現します。米国・Twitter, IncおよびTwitter Japan株式会社、キッコーマン株式会社などで採用されているほか、世界中で500以上の企業やブランドにご活用いただいております。

株式会社ブレインパッドについて

 
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:332百万円(2017年12月31日現在)
従業員数:216名(連結、2017年12月31日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス


  • このエントリーをはてなブックマークに追加