このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.2.14

TREASURE CDP、顧客の行動を元にした予測リードスコアリング機能を追加

トレジャーデータ

トレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三橋 秀行、以下:トレジャーデータ)は、2月14日より、同社が提供するカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP(トレジャーシーディーピー)」(*1)に、新たに顧客の行動を元に見込み顧客の特定を機械学習で自動化する「予測リードスコアリング」機能を追加して提供します。

 トレジャーデータは、顧客一人ひとりの行動データや属性データなどのデータを統合することで、パーソナライズを軸としたデジタルトランスフォーメーション(*2)を可能とする「TREASURE CDP」を提供してきました。このたび、この「TREASURE CDP」に新たに機械学習機能を追加しました。それにより、コンバージョン(*3)済みのデータをAIが学習し、予測モデルを生成することで、今後コンバージョンする可能性のある顧客を、自動的に予測することができるようになります。また、トレジャーデータの機械学習の専門家が、カスタマイズをサポートすることで、「TREASURE CDP」の利用企業は、すぐに機械学習機能を活用することができ、様々なプロモーションに関する意思決定の速度を上げ、ビジネスの拡大をサポートします。

 この機械学習機能は、様々な業界で、適用することができます。例えば、小売企業では、コンバージョン済み顧客のEC/リアル店舗への来店・購入データやアプリの利用データを学習することで、他の見込み顧客のリアル店舗への来店や商品購入を予測できます。また、コンテンツプロバイダや放送企業では、コンバージョン済み顧客のコンテンツの閲覧履歴や行動データを学習することで、他の顧客の解約や有料会員化への可能性等を把握できるようになります。自動車業界においては、他社製品への乗り換え予測を立てたり、コールセンター業界では、新規顧客獲得の可能性を正確に把握することにつなげます。いずれの業界においても、顧客の製品購入や新規顧客獲得の可能性を探り、アップセルやクロスセルの効果などを自動的に予測します。

 さらに、「TREASURE CDP」における従来からのエンタープライズレベルのセキュリティ機能をさらに強化しました。具体的には、クライアントのサーバ環境およびユーザ環境と「TREASURE CDP」とのネットワーク間をプライベートネットワーク化させ、通信環境の堅牢性を充実化させたほか、データへのアクセス履歴を把握できる監査レポート等が、2月14日より追加されます。

 トレジャーデータでは、今後も企業の様々なニーズに対応できるよう、「TREASURE CDP」の機能の充実化を図っていきます。

*1 オンライン広告、マーケティングやCRM(Customer Relationship Management)領域のデータはもちろんのこと、顧客一人ひとりの行動データや属性データなどのデータを統合することで、パーソナライズを軸としたデジタルトランスフォーメーション(ITの浸透が人々の生活をあらゆる面で良い方向に変化させるという概念)を可能とするカスタマーデータプラットフォーム
*2 デジタルトランスフォーメーション:ITの浸透が人々の生活をあらゆる面で良い方向に変化させるという概念
*3 コンバージョン: ECサイトにおける商品の購入や、企業サイトや商品情報サイトへの資料請求、Webメディアにおける広告主への送客など、Webサイトにおける目標の達成。

トレジャーデータとは

2011年12月、米国シリコンバレーに設立され、本年5周年を迎えたトレジャーデータ社は、設立以来企業が扱う大量のデータを、リアルタイムで収集、統合するための仕組みである「データマネージメントソリューション」を提供しています。大容量の購買取引データやWeb閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータ等、様々な非構造化データに対応しており、一定の月額課金で収集・保管・分析および他のマーケティングツールやサービスに連携し、簡単に「カスタマーデータプラットフォーム(CDP)」を構築することが可能です。さらに、センサーデータやマシンデータ等、IoT分野におけるビッグデータへの対応も強化しています。日本では、2012年11月に国内の事業開発および技術開発の拠点としてトレジャーデータ株式会社を設立、また、2015年1月にソウル支社を開設、アジア太平洋市場における本格的な事業展開を開始しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加