このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.2.15

博報堂アイ・スタジオ、「デジタル領域のサービス構築」にあたって「対面調査による意識データ」を用いた最適なユーザー体験を創出するソリューション「BEST Match」を提供開始

UXスペシャリスト集団による、ターゲットユーザーの期待を超えたブランド体験の構築

株式会社博報堂アイ・スタジオ(東京都千代田区、代表取締役社長:平林誠一、以下博報堂アイ・スタジオ)は、得意領域である「デジタル領域のサービス構築」に際し、「対面調査による意識データ」を用いてターゲット層のリアルな特性を把握することで、ユーザーの期待を超えたブランド体験を創出するソリューション「BEST Match」の提供を2月14日から開始しました。

Webサイトやスマートフォンアプリの開発には、受け手であるターゲットユーザーの潜在的なニーズを満たすようなユーザー視点での開発が益々求められるようになり、UXデザインがホットワードとなっています。

今回提供を開始する「BEST Match」は、サービス構築時にデプスインタビューやユーザーテスト等の「対面調査」を実施しターゲットユーザーの潜在ニーズを掬い取った上で、博報堂アイ・スタジオの強みであるクリエイティビティと掛け合わせることにより、確実にターゲットに届く・伝わるブランド体験の提供を支援いたします。

行動データを基に仮説立てする「データマーケティング」では明らかにすることが難しかったターゲット層のインサイトや、データに現れない行動特性を把握した上でサービスデザインを構築するため、企業とターゲットユーザーとの間に生じがちな、コミュニケーションギャップを無くすことが可能になるという特徴があります。

実施にあたっては弊社のストラテジックプラナー、UXデザイナー等の専門スタッフに加え、外部のリサーチャーを交えたスペシャリスト集団によるプロジェクト体制を組織。デジタルマーケティングにおけるクライアント企業のコミュニケーション課題解決に貢献いたします。

画像1_small.png

 

サービスの提供について ※ご要望に応じてカスタマイズが可能です。

既存サービスの改善

想定ケース:
既存のサービスをもっと使いやすくすることで、多くのユーザーに喜んでもらいたい

ご提供内容:
・課題仮説を基にしたモックアップデザインの作成
・ターゲットユーザーを対象とした定性調査によるニーズの抽出および改修イメージの検証
・検証結果を基にした仮説デザインのブラッシュアップ

画像2_small.png

新規サービス開発

想定ケース:
既存のサービスではカバーできていない新たな領域にもチャレンジしていきたい

ご提供内容:
・仮説モデル(モックアップデザイン)の作成
・ターゲットユーザーを対象とした定性調査によるサービス体験の検証および潜在ニーズの抽出
・検証結果を基にした改修モデルの改修
・定量調査による再検証と改良

画像3_small.png

博報堂アイ・スタジオについて

株式会社博報堂アイ・スタジオは、クライアント企業のWebサイト、プロモーションサイト、キャンペーンサイトの企画制作とそのコンサルティング、それに伴うシステム開発、公開後のPDCAマネジメントから多言語対応まで、一貫したトータルサポートを高クオリティでご提供しています。さらに、中国やASEAN諸国のクライアント企業へのサポートも同様に行っています。
また、近年普及がめざましいスマートデバイス向けのサービス開発やアプリ制作をはじめ、ネット動画マーケティング、SNS、O2O、クラウドサービスといった領域でのソリューション提供にも積極的に取り組んでいます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加