このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.2.19

アドウェイズ、単品リピート通販における台湾向け広告出稿支援を本格的に開始

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ)は、単品リピート通販における台湾向け広告出稿支援を本格的に開始いたしました。

アドウェイズのグループ会社で、海外配送サービスを手がける株式会社楽一番(東京都新宿区、代表取締役:清水洋一、以下楽一番)の実績によると、2017年の台湾向け配送取扱量は、前年比190%増とほぼ倍増、また、全世界で占める割合は21%に達しています。さらに、アドウェイズの実績においても、健康食品やコスメを主軸とする単品リピート通販における台湾向け広告出稿量は、出稿開始月から2ヶ月間で約15倍の増加となっており、今後も拡大が見込める市場であることが期待されます。

このような背景を踏まえ、アドウェイズは単品リピート通販における台湾への広告出稿支援を本格的に開始いたしました。現地のランディングページ(※1)制作を始め、成果報酬型広告を含む、総合的な広告出稿を支援することにより、EC事業者は日本と同様に台湾への広告出稿が可能となります。さらに、アジアンブリッジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:阪根嘉苗、以下アジアンブリッジ)と協業することで、単品リピート商材を扱うEC事業者の台湾におけるフルフィルメント(※2)をワンストップサポートすることが出来、台湾進出からマーケティングまで全面的に支援できる体制を整えました。

adways

今後は、アドウェイズの持つ広告出稿の実績とノウハウ、また、アジアンブリッジのフルフィルメント事業を相互活用し、両者の強みを共に活かすことで、台湾進出を狙う単品リピート通販事業者の売り上げ拡大を支援できるよう努めてまいります。

※1:ランディングページ
ネット上で広告やリンクをクリックした際に表示されるWEBページ全般で、商品やサービスを売るための一枚のWEBページ
※2:フルフィルメント
商品の受注から決済に至るまでの業務全般のこと

アジアンブリッジ株式会社について

2010年設立。日本から台湾への事業進出サービスを展開。日本と台湾・アジア各国の人や企業の架け橋となり、お互いが相乗効果を発揮し、活性化することを支援しており、EC通販のバックヤードにおけるフルフィルメントもワンストップでサポートしている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加