このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.2.27

サイバーエージェント、Twitter上でブランドリフトを測定する 独自のソリューション「Twitterリバーサンプリング」の提供を開始

サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、インターネット広告事業において、Twitter上のキャンペーンにおけるブランドリフトを測定する独自のソリューション「Twitterリバーサンプリング」の提供を開始いたしました。

Twitterに広告出稿する企業がブランドリフトを測定する際、Twitter社の提供する測定スキームがあるものの、特定条件があるため一部の広告主のみの利用となっている状況でした。一方で、企業のブランドキャンペーンがユーザに与える効果の可視化として、ブランドリフトをより安価で容易に測定するニーズが高まってきています。

このような背景の元、当社ではTwitter上でのブランドリフト測定を、より安価で容易に実現する独自ソリューション「Twitterリバーサンプリング」の提供を開始しました。
本ソリューションを利用することで、Twitter社が設けている条件に満たないキャンペーンであっても、広告がブランドへ与える影響を定量的に測ることができ、また、広告接触者と非接触者のブランドに対する認知、好意度、利用意向などを比較し、その差異を効果として計測することが可能になります。なお、媒体サーベイのような枠数制限がなく、設問数も自由に設定が可能なため、Twitter上でのブランド広告における効果測定の自由度を高めます。

「Twitterリバーサンプリング」では、Twitterのタイムライン上において、広告接触者と非接触者に対してアンケート広告を配信し回答を収集する効果測定手法である、リードバナーアンケート形式を採用しております。なお非接触者においては、予め広告配信の除外設定をしていた広告に接触しないユーザーを設定し、株式会社エヌ・ティ・ティ・データの提供する属性・趣味嗜好推定サービス「ユーザプロファイルDB」にて無作為にサンプリングしたTwitter IDを利用し、除外ユーザーを選定しております。

今後もサイバーエージェントは、ソーシャルメディアを活用した企業のプロモーションマーケティングの効果最大化に寄与すべく、サービス開発および新しいマーケティング手法の提供に努めてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加