このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.3.12

博報堂DYメディアパートナーズ、「楽天レシピ」と 食に特化したデータ・マネジメントプラットフォーム「TastechEngine®」の提供を開始

tastech

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:矢嶋 弘毅)は楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するレシピサイト「楽天レシピ」と、食の嗜好・食生活をリアルタイムに推計し、日々変化する生活者の食の嗜好に合わせたサービスを提供するデータ・マネジメントプラットフォーム(注1)、「TastechEngine®」(読み:テイステック・エンジン)の提供を開始いたします。

 「TastechEngine®」は、博報堂DYグループが独自に開発した「生活者データ・マネジメントプラットフォーム」(注2)における、生活者ごとの、食の嗜好・食生活に関するアンケート、購買データ、推計のデモグラフィックなどのデータと、月間利用者数が1,000万人を超える「楽天レシピ」の閲覧データを、個人を特定しない匿名のCookie情報を用いて統合することで、生活者の日々変化する食の嗜好や食生活をリアルタイムに推計する独自エンジンです。この「TastechEngine®」を用いることにより、食に関わるクライアントの課題解決に向けた、より精度の高いマーケティング活動が可能になります

 これまで、生活者の食の嗜好の分析は、アンケートによって得られたデータを利用したものが多く、継続性や時期・年齢に伴う食志向の変化や、トレンドによるリアルタイムな外的変化の反映が難しいという課題がありました。例えば、ある食品が好きな人でも毎日食べると飽きてしまったり、年齢に伴い、好きなものが変わってきたりと、食の嗜好は日々変化します。これまで以上に大規模かつ質の高い食に関するデータを活用することで、日々変化する一人ひとりの食生活にあわせたタイムリーなターゲティング施策を実施することが可能となり、効果的なマーケティング活動が行えます。

 博報堂DYメディアパートナーズと楽天は、「TastechEngine®」を用いて、食の嗜好や食生活に基づいた新規見込み顧客の発見やCRM(注3)など、クライアントに有益な様々なソリューションを提供し、広告効果の最大化をサポートしてまいります。

(注1)ビッグデータやログデータなどを一元的に管理・分析し、最適な広告配信を促すプラットフォーム
(注2)これまで博報堂DYグループが蓄積してきた独自の生活者データに、デジタルテクノロジーの進化によって入 手可能となった「リアルタイム・365 日の生活者の情報行動や購買行動のデータ」「メディアやコンテンツなどの接触・嗜好データ」と 「先端テクノロジー」を掛け合わせた、あらゆるマーケティング活動を計画・実行・管理する上での基盤として開発
(注3)Customer Relationship Managementの略で、顧客満足度や顧客ロイヤルティの向上を通して、売上の拡大と収益性の向上を目指す経営戦略や手法

Tags:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加