このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.3.14

DAC子会社のYengage、データプラットフォームを提供するIntertrust社と業務提携

yengage

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)の連結子会社であるYengage Corporation(本社:カリフォルニア州、代表取締役社長CEO:宮田徹、以下 Yengage)は、米国Intertrust Technologies Corporation(本社:カリフォルニア州、CEO Talal G. Shamoon、以下 Intertrust)と業務提携契約を締結しました。

 Intertrustが提供する「Personagraph DMP」は、同社がクライアントに提供するデータ分析プラットフォーム上で収集した膨大なデータと、それをもとに作成した独自のセグメントを保有しています。これらのセグメントを活用し、自動車、金融、消費財など多岐にわたるクライアント企業の広告配信を支援してきました。
 今回の提携により、Yengageは米国内において、「Personagraph DMP」の持つデータを活用したオーディエンスターゲティング配信サービスを提供できるようになり、主力事業であるアプリ事業主向けの獲得型キャンペーンの支援に加え、オーディエンスリーチを目的としたブランディング施策の提案が可能になります。

 Intertrustに出資するベンチャー投資会社の株式会社WiLの伊佐山元氏は、次のように述べています。
「近年、社内外のビッグデータを活用し、自社のマーケティング効果を最大化しようとする動きが高まっています。モバイルデバイスの普及で、生活のあらゆる場面においてユーザーにリーチすることができるようになった今、どの瞬間が最も効果的であるかを計るためにはデータの活用が鍵となります。そのような中、日々パートナーと向き合いアプリプロモーションを手掛けてきたYengageと、長年の経験からセキュアな環境でデータを収集・分析できるIntertrustという二つの異なる領域のプロフェッショナルが知見を共有しあい、発展していくことは大変喜ばしいです。」

 また、今後、両社がこれまで培ってきた知見を共有し強化することで、米国のプログラマティック広告の推進と今後の発展に貢献いたします。

Intertrust Technologies Corporationについて

Intertrustは、モバイル・家電メーカーおよびサービスプロバイダーから法人向けソフトウェアプラットフォーム会社まで、大手グローバル企業に信頼できるコンピューティング商品やサービスを提供しています。これらの製品には、世界をリードするデジタル著作権管理、ソフトウェア改ざん防止、エネルギー、エンターテイメント、IoT向けの重要なプライベートデータを安全に扱うためのデータプラットフォームが含まれます。
Intertrustは、1990年にシリコンバレーで設立され、ロンドン、東京、ムンバイ、バンガロー、ハイデラバード、ソウル、北京、リガ、タリンに支社を置いています。同社は発明で高い評価を受けており、コンピューターセキュリティやデジタルトラストの分野における貢献を世界的に認められています。また、信頼性の高いオペレーティングシステムやモバイルコード、プライバシー管理、ネットワーク動作環境、Webサービス、クラウドコンピューティングにおいて核となる数百の特許を保有しています。

 代表者 :Talal G. Shamoon, CEO
 本社所在地 :920 Stewart Drive Sunnyvale, CA 94085 United States
 設立 :1990年


  • このエントリーをはてなブックマークに追加