このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.4.5

マーベリック、 マーケティング戦略の立案を行うオモロワークスを買収

マーベリック オモロワークス

DSP(*1)の開発・販売などを行うマーベリック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:美留町 督、以下 「マーベリック」)はマーケティング戦略の立案をメインに行う株式会社オモロワークス(本社:東京都新宿区、CEO:福田 正義、以下 「オモロワークス」)の全株式を2018年3月30日(金)付で取得して子会社化することを決議し、株式譲渡契約を締結しました。

また、オモロワークスを当社の戦略的パートナーとし、共に当社が展開する運用型広告の更なるサービス向上につなげます。

両社について

マーベリックはエンジニアの経験を持つ美留町を代表取締役として、2013年に創業。広告配信プラットフォーム(DSP)事業を展開しており、DSP(*1)の開発・販売、RTB(*2)インフラやDMP(*3)の構築支援を主力事業としています。最大の特徴は、プロダクトを全て自社開発していることであり、創業以来順調に事業を拡大しております。

オモロワークスは、ヤフープロモーション広告(*4)のコンサルティングチームを率いていた福田氏をCEOとして、2013年に創業。広告の「全体最適化」に長けた社員のみの少数精鋭チームを結成し、Webマーケティングのコンサルティングとプランニングを主力事業として、幅広い業界、規模の問わない企業様に対して、Webマーケティングの課題解決力で高い評価を獲得しています。

株式取得の目的

 マーベリックはこれまで、豊富な顧客接点を活かしたプロダクトの「営業力」と、ハイレベルなエンジニア集団による「開発力」を強みとして、広告主企業様の効果最大化に努めてまいりました。またオモロワークスは、クライアントのWebマーケティングを総合的にプランニングするとともに、リスティングやDSP、アドネットワーク等の「複合的な広告運用」を行っています。今回の株式取得にあたっては、こうした両社の持つノウハウやリソースを掛け合わせることにより、これまで以上に多種多様なクライアントニーズの対応が可能になり、自社プロダクト「Sphere(*5)」の更なるブラッシュアップに加え、その他のWeb広告メニューを含めた運用力強化にもつながると確信しています。

今後もマーベリックは、広告主企業様に、広告効果の最大化支援、さらにはインターネット広告の新しい価値をご提供できるよう努めてまいります。

マーベリック株式会社の概要

本社所在地: 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル4F

代表者  : 代表取締役 美留町 督

       プロフィール

       大学在学中に学生ベンチャーを設立。地方のタウンペーパーを

       オンライン化する事業を運営。卒業後、営業コンサルティング

       企業に就職した後、再度起業しシステム部門を牽引。

       インターネットリサーチに関わるうちにDSPへの可能性を感じ、

       独立を決意。2013年10月にマーベリック株式会社を設立し

       代表取締役に就任。

事業内容 : DSPの開発・販売、RTBインフラの導入支援など

創業   : 2013年

URL    : http://www.mvrck.co.jp/

株式会社オモロワークスの概要

本社所在地: 東京都新宿区新宿1-15-12 千寿ビル3F

代表者  : CEO 福田 正義

       プロフィール

       ヤフー株式会社のコンサルティング部門のマネージャーとして

       Webマーケティング事業に関わる。リスティングの

       コンサルティング部門立ち上げへの参画、Webマーケティング

       における実践手法の体系化、社内コンサルタントの育成を行う。

       在籍時、多数の広告代理店や、少額から数億円規模の広告費を

       持つ企業まで、幅広い広告取扱企業へのコンサルティングを行う。

       2013年合同会社オモロワークスを設立。

事業内容 : マーケティングコンサルティング事業、広告運用代行事業、マーケティング人材育成事業

創業   : 2013年

URL    : http://www.omoroworks.com/


(*1) DSP(Demand Side Platform)
 複数の広告枠の配信最適化および、効果検証などの一元管理を目的に開発された広告主向けのシステムを指します。
(*2) RTB(Real Time Bidding)
 広告の表示毎に閲覧ユーザーや広告掲載面、1ユーザーあたりの表示回数などの情報を分析して、最適と判断できる場合のみオークション方式で入札と配信が可能となる仕組みです。
(*3)DMP(Data Management Platform)
各種Webサイトのアクセスデータ・広告配信・顧客・その他の外部サプライヤーのデータを管理し、 広告配信や分析調査等のデータ活用チャネルと連携するデータ統合管理システムを指します。
(*4)ヤフープロモーション広告
 ヤフー株式会社が提供するサービスで、ユーザーが検索したキーワードに連動して広告が表示される「スポンサードサーチ」、画像広告を表示できる「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」、Twitterのタイムラインや検索結果に広告を表示できる「Twitter広告」があります。
(*5)Sphere
 「枠」ではなく「人」をターゲティングするディスプレイ広告のマニュアル運用型サービス。DSP「Sphere」を使用し、社内常駐の運用チームと営業チームの密な連携・広告効果分析を基に広告効果の最適化を行います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加