このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.4.23

博報堂DYメディアパートナーズとエイベックス・マネジメント、 VR映像によりブランド体験をアップデートする「VR Story Seek®」を提供開始

VR story seek

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:矢嶋 弘毅、以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、エイベックス・マネジメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 戸口 真吾、以下 AMG)と共同で、VR映像によるブランデッドムービーソリューション『VR Story Seek®』を提供開始いたします。

VRの映像表現は日々、エンタテインメント領域を中心に発展してきており、デバイスの普及により、全世界においてVRビジネスも拡大し続けています。しかし市場が広がる一方で、広告表現としてのVR領域はまだ成長過程にあります。

そこで、博報堂DYメディアパートナーズはAMGと手を組み、博報堂DYメディアパートナーズがクライアント課題解決を、AMGがキャスティングと楽曲タイアップを、エイベックス・グループのエイベックス・エンタテインメント株式会社が映像制作を担い、それぞれの強みを生かすことで、映画の様なストーリー性の高いVRブランデッドムービーを制作。VRならではの映像表現により、深いブランド体験を実現していきます。

『VR Story Seek®』による初の映像作品の発表は米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」に設立されたVR部門「VR SHORTS」の六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース会場にて行います。今回発表される映像作品は、VRの配信システムを担うゲートウエイ、立体音響システムを持つゼンハイザージャパン、メディアパートナーの日経BP総研の3社の協力を得て製作します。

博報堂DYメディアパートナーズとAMGは、共同でVR映像によるブランデッドムービー事業を担うことで、ノウハウを蓄積し、VRにおけるエンタテインメント領域の新手法を開発していくとともに、今後の企業のマーケティング活動をより多面的に支援してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加