このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.5.1

フリークアウトグループ、中国「上海惊点广告有限公司」を設立

株式会社フリークアウト・ホールディングスを中心とするフリークアウトグループは、台湾に続く東アジア2拠点目として中国に「上海惊点广告有限公司」を設立いたします。中国を拠点とし、既存の他11拠点との連携を通して、広告主様の国境を越えたデジタルマーケティングを支援してまいります。

株式会社フリークアウト・ホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役:本田 謙)を中心とするフリークアウトグループは、台湾に続く東アジア2拠点目として中国に「上海惊点广告有限公司」(本社:上海市、代表取締役:岡田 梨佐、以下 FreakOut China)を設立いたします。中国を拠点とし、既存の他11拠点との連携を通して、広告主様の国境を越えたデジタルマーケティングを支援してまいります。

freakout china

freakout china

FreakOut China について

名称:上海惊点广告有限公司
英語表記:FreakOut China Co., Ltd.
所在地:Level 29, Shanghai Kerry Centre 1515 Nan Jing West Road Jing An, Shanghai
代表者名:代表取締役 CEO 岡田 梨佐
事業内容:中国国内外におけるクロスボーダーマーケティング支援

フリークアウトグループは、これまで海外11拠点においてデジタルマーケティング事業を展開してまいりました。現在では、海外で1,000社を超える広告主様にサービスの提供をしております。

中国は、人口14億人を有し、2017年のデジタル広告出稿額は4,000億人民元(6.9兆円)超の規模を誇る東アジア最大の市場です。近年の急激なモバイル・インターネットユーザー数の伸長と、デジタルコンテンツ消費時間の増加により、中国のオンライン広告市場は今後も継続的な成長が見込まれています。(*1)

日本をはじめ、海外の広告主様における中国国内向けのマーケティングニーズに加えて、中国の広告主様の海外向けマーケティングニーズは、ゲームやECの業界を中心に年々高まりを見せております。(*2)

FreakOut China は、アジア最大の市場にして急速な成長を続ける中国を拠点とし、中国国内外の広告主様のインバウンド・アウトバウンドマーケティングニーズに対してサービスを提供し、フリークアウトグループの海外事業におけるクロスボーダーマーケティング事業のさらなる拡大を推進してまいります。

現在フリークアウトグループは、アジア・中東では12拠点(シンガポール・タイ・インドネシア・ベトナム・マレーシア・フィリピン・中国・台湾・香港・インド・トルコ・イラン)で海外事業を展開しています。

フリークアウトグループは、引き続き海外事業の一層の強化・拡大を推進し、当社グループビジョン「人に人らしい仕事を」のグローバル規模での実現を目指してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加