このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.5.23

楽天と楽天データマーケティング、 広告主向けマーケティングツール「RMP – For Brands」を提供開始

ForBrands

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と楽天データマーケティング株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:有馬 誠、以下「楽天データマーケティング」)は、本日、楽天の運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」における広告主向けマーケティングツール「RMP – For Brands」の提供を開始しました。


「RMP – For Brands」は、「楽天市場」を活用したマーケティング活動において、関連するデータやコンテンツを広告主が一元的に管理することができるマーケティングツールです。当初は、「楽天市場」に企業のブランドサイトを設置できる広告ソリューション「RMP – Brand Gateway」の利用企業を対象とし、「Data Analysis機能」と「Brand Communication機能」を提供します。

「Data Analysis機能」では、ブランドサイトのアクセス状況(ページビュー数、ユニークユーザー数、検索数、流入元など)や平均閲覧時間などのサイト関連データ、「楽天市場」での合計売上金額、個数の推移といった売上関連データに加え、性別・年齢・併売・リピート回数など50項目以上のデータをビジュアル化してレポーティングします。また「Brand Communication機能」では、「RMP – Brand Gateway」における製品情報やページデザインなどのコンテンツを利用企業側でリアルタイムに更新、管理することができます。さらに2018年夏以降、広告配信が実施できる「Promotion機能」および新規顧客の獲得や既存顧客価値の向上を目的とした「Lead Generation & Nurturing機能」を追加する予定です。

デジタルマーケティングでは従来、サイトに関するデータ、売上に関するデータ、広告配信に関するデータなど様々なデータを検証できる一方で、それぞれが連携されていないことで評価指標が分断され、マーケティング活動の一元的な管理が難しいという課題がありました。「RMP – For Brands」は、楽天IDに基づいたビッグデータを活用してデータを連携できるほか、単一のマーケティングツールによる管理を実現することで、より効率的なプロモーション施策の計画に寄与します。今後は、マーケティング戦略の立案から実行、効果検証、改善に至るまで、PDCAサイクルの全過程に関わる機能を拡充していく予定です。

楽天と楽天データマーケティングは、今後も「RMP – For Brands」をはじめとするデータを活用した様々なマーケティングソリューションの提供を通じて、新たなマーケティング手法の領域を開拓してまいります。

「RMP – For Brands」概要

開始日: 2018年5月21日(月)
概 要: 「楽天市場」を活用した広告主向けマーケティングツール
対 象: 当初は「RMP – Brand Gateway」利用企業(今後拡大予定)
機 能:
・サイト関連データ、売上データなどをリアルタイムにレポーティングする「Data Analysis機能」
・ブランドサイト内のコンテンツを利用企業側でリアルタイムに更新・管理できる「Brand Communication機能」
・2018年夏以降「Promotion機能」「Lead Generation & Nurturing機能」のほか、今後PDCAサイクルの全過程に関わる機能を拡充予定

「RMP – Brand Gateway」概要

概 要: 企業が「楽天市場」にブランドサイトを設置することができる広告ソリューション
サービス内容:
・動画など多彩なコンテンツによる各企業ブランドの商品紹介
・「楽天市場」出店店舗における各企業商品の販売ページへの誘導


  • このエントリーをはてなブックマークに追加