このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.6.12

楽天、米国で位置情報技術を活用したモバイルコマースプラットフォーム・ソリューションを提供するカーブサイド社を買収

楽天 カーブ 買収

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、Rakuten USA, Inc.(本社:カリフォルニア州サンマテオ、プレジデント:飯田 恭久、以下「Rakuten USA」)を通じて、位置情報技術を活用したモバイルコマースプラットフォーム・ソリューションを提供するカーブサイド社(本社:カリフォルニア州パルアルト、共同創業者兼CEO:ジャロン・ウォルドマン、以下「カーブサイド」)を買収いたしましたのでお知らせします。

カーブサイド社は2013年に創業された米国企業で、主に位置情報技術を活用したモバイルコマースプラットフォーム・ソリューションを提供しています。同社のサービスは、「Fortune 100」(グローバル企業の総収入ランキングトップ100)に掲載されている小売業者や大型チェーン飲食店に導入されています。導入企業は、お客様の位置情報から到着時刻を予測して、到着時間に合わせて商品を準備・提供することが可能になるため、店舗運営を効率化することができます。また、お客様は、店舗において必要な商品を探す手間や支払いに時間をかけることなく、スムーズに買い物ができるようになります。カーブサイドの技術はすでに多くの米国内実店舗で導入されており、何百万人ものお客様が同サービスを利用しています。

楽天株式会社の執行役員であり、Rakuten USAのプレジデントである飯田 恭久は、次のように述べています。「カーブサイド社による最新の位置情報技術により、従来型の実店舗や飲食店において、来店前にオーダーし、店舗で待ち時間無く商品を受け取るという新しい購買行動を生み出しています。カーブサイド社を楽天グループに迎え入れることにより、お客様の満足度をさらに高めていけると確信しています。今後、これまで以上に米国のお客様の買物体験をより楽しく、便利なものにしていけることを楽しみにしています」

カーブサイド社の共同創業者兼CEOであるジャロン・ウォルドマンは次のように述べています。「カーブサイド社は『モバイルデバイスでの買物をより便利で気軽にし、既存の買物体験を変革させたい』というビジョンのもと創業しました。楽天グループに参加することでさらなる技術革新が可能になり、お客様にはより便利な買物体験をしてもらうことができるようになります。今後ビジネスを成長させるために、楽天以上に素晴らしいパートナーはいないと考えています」

楽天について

楽天は、日本発のインターネット・サービス企業で、Eコマースをはじめ、FinTech、デジタルコンテンツ、通信など、多岐にわたる分野で70以上のサービスを提供しています。これら様々なサービスを、楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に有機的に結び付け、他にはない独自の「楽天エコシステム」を形成しています。1997年に創業し、「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」という企業理念のもと、現在では1万5千人以上の従業員を擁し、世界29カ国・地域において事業を展開するグループ企業となっています。詳しい情報は https://corp.rakuten.co.jp/ をご覧ください。

カーブサイドについて

カーブサイドは米国シリコンバレーにあるスタートアップ企業で、位置情報技術を活用してモバイルデバイスを利用するお客様と店舗・飲食店を繋ぐモバイルコマースプラットフォーム・ソリューションを提供しています。本ソリューションにより、導入店舗は、お客様の到着時刻を予測して最適なタイミングで商品を提供することが可能になり、店舗運営を効率化することができます。カーブサイドは、2013年に元アップルの従業員に創業され、同社の提供サービスはCVS、Nordstrom、Pizza Hut、Boston Marketなどの小売業者や大型チェーン飲食店に導入されています。カーブサイドの提供する最新位置情報技術は、すでに米国において何百万人ものお客様に利用されています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加