このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2013.7.8

サイバーエージェントの広告効果測定システム「CAMP」 マルチデバイス型広告の計測機能を提供

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)は、広告効果測定システム「CAMP(CyberAgent Marketing Platform)」にて、マルチデバイス型広告(※1)を対象にした計測機能の提供を、2013年7月8日(月)より開始いたします。

リスティング広告において、GoogleおよびYahoo! JAPANが2013年7月、「Google エンハンストキャンペーン」「スポンサードサーチ ユニファイドキャンペーン」対応を実施することにより、マルチデバイス横断の広告管理形態へとプラットフォームの仕様変更がされます。それに伴い、「CAMP」の広告効果計測においてもマルチデバイス型広告に適した計測方法へと、仕様変更および機能追加をいたします。

従来の広告効果計測はPC・スマートフォンなどデバイス毎にレポート画面が分かれておりましたが、本計測機能を活用することで、複数のデバイスを1つの画面で管理できます。
具体的には、マルチデバイス型広告の計測機能を活用すると、媒体側ではデバイスを元に表示される広告について、複数の着地先URLをデバイスごとに設定することが可能となり、マルチデバイス型広告に適した広告運用の実施と、計測・レポートの確認をすることができます。
さらに、デバイスごとの各OSにおいても、着地先URLを設定することが可能なため、各OSで異なるWebページを持っている場合には、より細かな広告運用が可能となります。

また、昨今のGoogle 、Yahoo! JAPANのディスプレイ広告拡大に伴い、今回の仕様変更および機能追加では、リスティング広告に加え、ディスプレイ広告の計測機能も追加いたしました。このほかにも、他広告媒体の計測対応についても開発を進めてまいります。

当社では今後も「CAMP」の機能強化を行い、企業に対し最適なインターネット広告ソリューションを提供してまいります。

※1 マルチデバイス型広告
マルチデバイス型広告計測機能は、PC・スマートフォン・タブレットの計測が対象となります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加