このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.6.20

NTTコミュニケーションズ、Google Cloud Platformを活用したデータ分析ソリューションを提供開始

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、2017年6月よりGoogle(TM)と開始した協力体制に基づき、NTT Comの企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」(以下 ECL)およびデータセンターサービス「Nexcenter(TM)」(以下 Nexcenter)と、Google(TM)のクラウドサービス「Google Cloud Platform(TM)」(以下 GCP(TM))を組み合わせたデータ分析ソリューション(以下 本ソリューション)の提供を2018年6月20日より開始します。

1.背景、概要

 昨今、スマートフォンやIoTデバイスなど、日常生活や企業活動に使われるさまざまな機器に通信機能が備わることで、人や企業の活動のみならず、世の中のあらゆる情報がデジタルデータ化されるようになりました。これらを分析し、自社の戦略の立案や業務改善を行うなど、企業におけるデジタルデータの利活用シーンが拡大しています。

 本ソリューションでは、NTT ComがECLやNexcenterに加え、GCP(TM)も一元的に提供します。これにより、セキュアな環境において、お客さまの重要なデータをECLやNexcenterに蓄積し、対象データのみをGCP(TM)に流通させ、GCP(TM)の機械学習などの先進的なテクノロジーを活用して分析することが可能になります。

2.本ソリューションの特長

NTTコミュニケーションズ

(1)ECLやNexcenterにデータをセキュアに蓄積

 NTT Comが業界最高水準の高信頼な設備・運用基準で提供するECLやNexcenterに、お客さまの重要なデータをセキュアに蓄積します。また、GCP(TM)へ流通させるデータについてETL(※1)を用いた加工や秘匿化を実施します。

(2)SD-Exchangeなどを用いたプライベート接続でデータをGCPにセキュアに流通

 Google Cloud Partner Interconnect(※2)の機能を活用し、NTT Comがクラウド・コロケーション接続サービス「Software Defined Exchange Service」(以下 SD-Exchange)を提供します。これにより、GCP(TM)とECL/Nexcenter間の最大1Gbpsでのプライベート接続が実現し、お客さまのデータのセキュアな流通が可能となります。加えて、Google Cloud Dedicated Interconnect(※3)の機能を活用して、NTT ComがGCP(TM)とNexcenter間を10Gpbsでプライベート接続するメニューも提供します。

(3)GCP(TM)の機械学習を活用してデータを分析

 お客さまは、Google(TM)が持つビッグデータを駆使した機械学習済みモデルやデータマネジメントツールなどを活用できます。NTT Comがお客さまの用途に合わせてコンサルティングし、またGoogle(TM)の暗号化機能(※4)を利用することで、セキュアで最適なデータ分析を行うことができます。

(4)Enterprise Cloud Monitoring Logsによりお客さまシステムのサーバーログを可視化

 NTT Comが、GCP(TM)のロギングサービス「Enterprise Cloud Monitoring Logs」を提供します。これによりお客さまは、ECLで運用するシステムのサーバーログを可視化、分析することが可能となり、システム全体の運用管理稼働を軽減できます。

<データ分析ソリューションのお客さま活用例>

・製造ラインの品質改善による品質コストの削減

 工場の製造ラインを担う機器情報を取得することで、異常の即時検知が可能になるとともに、蓄積されたデータの分析に基づいて異常予測が可能となり、故障防止を図ることができます。製造ラインの品質改善を通じて、品質コストの削減を実現します。

・デジタルマーケティングへの活用

 売上データや顧客の行動データを取得、蓄積、分析することで、デジタルマーケティングを活用した商品やサービスの改善、新商品の開発を行うことができます。

3.提供開始日

2018年6月20日(水)

4.提供機能・価格

当社ウェブサイト(Enterprise Cloud Knowledge Center)を参照ください。

https://ecl.ntt.com/pricing/

※ GCP(TM)とNexcenter間のプライベート接続(10Gbps)につきましては営業担当までお問い合せください。

5.今後の展開

 NTT Comは、音声、画像、動画などのさまざまなデータ利活用の実現に向けて、データ分析ソリューションをさらに拡充していくとともに、お客さまデータのライフサイクルをトータルでサポートしていきます。これらの取り組みを通じて、お客さまのデジタルトランスフォーメーションに貢献していきます。

※1:ETLとは、Extract Transform Loadの略で、企業内に存在する複数のシステムから抽出したデータを変換、加工した上データウェアハウスなどへ渡す処理、およびそれを支援するソフトウェアです。
※2:Google Cloud Partner Interconnectとは、Google(TM)が提供するGCP(TM)とのプライベート通信を実現するサービスです。GCPに接続するためのコロケーション施設やGoogle Cloudリージョンから地理的に離れた場所にデータセンターを持つ企業にとっても、パートナー事業者の回線を利用したプライベート接続を可能にします。
※3:Google Cloud Dedicated Interconnectとは、Google(TM)が提供する専用線接続によるプライベート通信を実現するサービスです。Google Cloud Dedicated Interconnectロケーションの1つを介してGCP(TM)へのプライベート ネットワーク接続を直接確立できます。これにより、プライベート通信によるセキュリティ向上や専用線接続によるスループット向上が実現できます。
※4:Google(TM)の暗号化機能として、BigQueryにおけるお客さまの顧客管理暗号鍵などを提供します。
※ Google、Google Cloud Platform、およびGCPはGoogle LLCの登録商標または商標です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加