このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.6.20

サイバーエージェントの「Dynalyst for Games」、アクティブユーザーのさらなる利用促進を目的とした「Custom Event Campaign」の提供を開始

Dynalyst

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー分野におけるサービス開発を行うアドテクスタジオは、スマートフォンゲーム・アプリに特化したダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst for Games(ダイナリストフォーゲームス)」において、アクティブユーザーのさらなる利用促進を目的とした「Custom Event Campaign(カスタムイベントキャンペーン)」の提供を開始いたしました。

この度、ゲームアプリに特化したダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst for Games」にて提供を開始する「Custom Event Campaign」は、アプリのアクティブユーザーを対象に、コアユーザーがよく利用しているゲーム機能の利用促進を目的とした広告配信をすることが可能な商品です。

近年、スマートフォンアプリのダウンロード後に利用が停止した離脱ユーザーを対象に再度利用を促す目的で配信される「リエンゲージメント広告」のマーケティング活用が拡大する中、「Dynalyst for Games」は国内最大級の配信プロダクトとして幅広いスマートフォンアプリ企業にご利用いただいております。しかしながら、これまで「Dynalyst for Games」では主に対象アプリの休眠ユーザーを対象に「リエンゲージメント広告」配信を行っており、配信対象を休眠ユーザーに限定してしまうとアクティブユーザーの利用促進を図ることが難しいという課題がありました。

この課題解決を図るため開発した「Custom Event Campaign」は、トラッキングツールとの連携により、ユーザーがアプリ内で利用したゲーム機能の情報を元に、パーソナライズされた広告配信を行うことができるサービスです。こちらは、広告配信後指定された対象ゲーム機能をユーザーがプレイした時点を広告成果とします。 事前に実施したテスト配信では、アクティブユーザーの対象ゲーム機能の利用が広告配信以前と比較して200%以上増加し、費用対効果を表すROAS(Return On Advertising Spend)は250%超という結果がみられるなど、「Custom Event Campaign」によって、対象アプリに対するロイヤルティ向上や売上拡大を図ることが可能となります。

「Dynalyst for Games」は今後も高度なアドテクノロジーを活用し、透明性の高い広告配信を実現するとともに、広告効果の最大化を図ってまいります。

アドテクスタジオとは

サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野をはじめ、AI・ロボットサービス分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。
2013年10月1日に設立し、現在では4つの子会社を包括し、約200名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、AI・ロボットサービス事業などの約20サービスを提供しております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加