このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.6.21

D2Cの広告効果測定データ基盤「ART DMP」、 「Marketing Achieve ~Markecchi(まーけっち)~」と連携

株式会社D2C R(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岡 勇基、以下D2C R)が提供するスマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART DMP(アート ディエムピー)(※1)」が、株式会社マーケティングアプリケーションズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:萩野 郁夫、以下MApps)が提供するリサーチ&コンサルティングサービス「Marketing Achieve ~Markecchi(まーけっち)~、以下Markecchi (まーけっち)」と連携いたしました。

今回の連携で、ARTDMPに蓄積したデータと、Markecchi (まーけっち)が保有する150万人の大規模パネルと掛け合わせ、広告主の自社ユーザをセグメントし、ユーザステータスに応じた詳細なアンケート調査を行うことが可能になります。

ART DMP

Markecchi (まーけっち)は、広告主の保有するデータと連携し、MAppsの保有する約150万人の会員の中から固有の識別ID(IDFA等)を特定することで、実際にアプリを利用したユーザに対してリサーチを行います。リサーチは、電話やSNS、対面インタビューなど様々な手法を使って定量・定性いずれの調査も可能です。

【データ連携によって可能になる調査内容】
・年齢、性別、世帯年収などの基本属性の取得
・競合アプリの利用状況をはじめとしたマーケティングデータの取得
・アンケート
・インタビュー(SNS/対面/電話)

ART DMP

今回の連携により、D2C Rは「ART DMP」を導入している広告主に対し、これまで取得できなかった以下のようなデータを調査することで、データに基づいた改善施策を提案することが可能となります。

【把握可能なデータの例】
・自社アプリの課金ユーザのマーケティングデータ
・自社アプリの7日以上利用継続ユーザの継続理由
・自社アプリの初期離脱ユーザの離脱理由

D2C Rは今後も、「ART DMP」を通じて、ユーザデータを活用したリテンション施策等、より戦略的かつ効果的なプロモーションを提案・実施してまいります。

※1:DMP(Data Management Platform)とは、WEB上のあらゆる大量のデータを蓄積・分析し、広告配信等での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加