このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.7.5

ギブリーの「SYNALIO」、MAツール「SATORI」と連携開始

​株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井手 高志、以下ギブリー)が提供するチャットボット型マーケティングツール『SYNALIO』は、SATORI株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:植山 浩介)が提供するマーケティングオートメーションツール「SATORI」との連携を開始しました。

SATORIとの連携について

SATORI内のデータを連携することで、SATORIで作成したセグメントに対して会話シナリオの出し分けができるようになり、様々なお客様に合わせた、最適な会話を展開することが可能となりました。

satori

匿名顧客に対してもMAに貯まった行動履歴をもとにチャットボットの出し分けが可能

- 匿名顧客へのナーチャリング施策を設計でき、コンバージョン率向上に貢献 -

SATORIではリード情報(メールアドレスを含む個人情報)獲得前の、匿名ウェブユーザー(匿名顧客)についてもセグメント管理が可能なため、匿名顧客であってもセグメント別に様々なアクションの出し分けができます。
この度のデータ連携機能の追加により、SATORI側で貯めたセグメント情報をもとに、会話シナリオを出し分けることができるようになります。これにより、匿名顧客であってもセグメントにあわせた専用の会話シナリオを用意しチャットボットを出し分けることで、適切なナーチャリング施策を設計することが可能となり、コンバージョン率の向上に繋げます。

SATORI について

「SATORI」は、“リードジェネレーション”に強い国産マーケティングオートメーション(MA)ツールです。リード情報(メールアドレスを含む個人情報)獲得前の、匿名ウェブユーザーに対してのナーチャリングを実現することで、これまでのMAにくらべて、大量の見込顧客創出を実現することができます。
「SATORI」https://satori.marketing/

SYNALIO について

SYNALIO(シナリオ)は、コンバージョン率向上を目的とした「チャットボット型マーケティングツール」です。
“チャットボット”と“名前がわからないサイト訪問者”との会話内容が取得でき、会話データを用いて「何に興味関心を持っているのか」をベースに自動でセグメント化することが可能です。このセグメントに合わせて「ポップアップ」を出したり、専用にカスタマイズされた「チャットボット」を設置しナーチャリングすることで、コンバージョン率の向上につなげます。

Tags: ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加