このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.7.5

サイバーエージェント、GoogleのUniversal App Campaignsに特化した広告運用パッケージ「UAC Manager」を開発

UAC

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、インターネット広告事業において、Google 広告が提供するUniversal App Campaigns(以下、UAC)に特化した広告運用パッケージ「UAC Manager」を開発・提供を開始したことをお知らせいたします。

「UAC Manager」は、3つの自動化ソリューションをパッケージ化し、UACのフルオートメーション化の実現を図ります。

【1】「Asset Scraper (アセットスクレイパー)」  ~ 広告レポートの取得 ~
RPA(Robotic Process Automation ※ )などを用いた独自システムで広告実績を速やかに収集します。

【2】「Ad Optimizer (アドオプティマイザー)」  ~ 広告アセットの最適化 ~
配信アルゴリズムと精査ロジックに基づき効果の低い広告アセットを削除し、予め用意された広告アセットより、別の内容を入稿します。各種広告フォーマットの配信割合は、獲得件数に応じて最適化を図ります。

【3】「Budget Adjuster (バジェットアジャスター)」 ~ 日予算と入札単価の調整 ~
入札単価を固定すると獲得件数を最大化し、日予算を固定すると獲得単価を最小化します。調整結果は随時学習され、キャンペーンに適した日予算と入札単価が設定されます。

当社ではこれまでも、UACに特化したコンサルティング組織を始め、配信アルゴリズムおよび精査ロジック等の研究を行う組織を設置しており、これらで培ったノウハウを活かすとともに、このたび開発した「UAC Manager」を活用することで、今後もより高次なコンサルティングニーズへの対応と広告効果の最大化に努めてまいります。

※RPA (Robotic Process Automation):ソフトウェアロボットにより業務プロセスを自動化すること。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加