このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.8.21

ヴァル研究所の「駅すぱあと」、出張するビジネスパーソンをセグメント化し出張ハイシーズン前に移動や宿泊サービスなどの訴求が可能

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田信夫)は2018年8月21日(火)、アプリ「駅すぱあと」の広告サービス「駅すぱあと広告」において、出張するビジネスパーソンを対象に広告を配信できる「出張セグメント配信」の提供を開始します。

「出張セグメント配信」イメージ画像

概要・背景

「駅すぱあと広告」は、iPhone・Androidで累計860万ダウンロード(2018年8月時点)を超える乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」のユーザーの経路検索データを活用し、ユーザーの生活圏や行動情報を独自にセグメント化したターゲティング広告です。

このたび、新たに「出張セグメント」を追加し、出張するビジネスパーソンをターゲットに広告配信が可能な「出張セグメント配信」の提供を開始します。 出張先までの経路を事前に検索する際や、出張中に移動先を検索する際など、より具体的な場面での広告接触を狙うことができます。

観光庁が2016年に発表した「旅行・観光消費動向調査」によると、国内旅行・観光全体の市場規模のうち出張・業務目的が占める割合は約17.7%、約3.7兆円となっています。このうち、最大を占めるのは移動関連市場であり次に宿泊市場、飲食市場と続いています※1。
また、旅行中の延べ泊数を月別に比較したデータによると、国内出張・業務旅行の延べ泊数は10月が最も多く、10月が出張のハイシーズンととらえることができます※2。

アプリ「駅すぱあと」のユーザーは経路検索機能を利用して最適な移動経路・手段を調べるため、移動市場の製品やサービスの訴求に効果的です。また「出張セグメント」のユーザーが事前に出張先を検索する際などに宿泊サービスや飲食店などの訴求を行うことも可能です。
「駅すぱあと広告」では、今後もユーザーの移動情報などを活用し、広告主とユーザーのマッチングを行い、企業のデジタルマーケティング活動を支援してまいります。

※1:<国内出張・業務旅行の市場規模は約3.7兆円【図表1】>
出所:日本政策投資銀行「出張マーケットに関する動向と今後」(2017年12月4日)

出所:日本政策投資銀行「出張マーケットに関する動向と今後」(2017年12月4日)

※2:<2016年 旅行月別延べ泊数(国内旅行全体、国内出張・業務旅行)【図表2】>
出所:日本政策投資銀行「出張マーケットに関する動向と今後」(2017年12月4日)

出所:日本政策投資銀行「出張マーケットに関する動向と今後」(2017年12月4日)

「駅すぱあと広告」について

乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」の経路検索と連動し、「駅」や「路線」を軸にしたユーザーと広告のマッチングを重視した広告メニューを提供しています。
2018年より、気象状況に応じた広告の出し分けが可能な「気象連動型広告」や通勤中のビジネスパーソンを狙って配信する「通勤ターゲティング広告」など、ターゲットを絞ったセグメントや新メニューを続々と開発しています。

広告媒体資料:https://ad-info.val.jp/document/ekispert_201807_09.compressed.pdf

広告メニュー
検索連動広告 :駅・路線・エリア・駅デモグラフィック・気象連動型広告
セグメント配信:「終電ターゲティング広告」「通勤ターゲティング広告」など

株式会社ヴァル研究所について

1988年にMS-DOS版の経路検索システム「駅すぱあと」を発売して以降、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースにさまざまな法人向け、個人向け製品・サービスを提供しています。
主力となる法人向けには、通勤費や旅費交通費の管理/申請システムなどを提供しており、12万社以上を顧客に持ちます。また、「駅すぱあと」の膨大なデータ・機能をweb APIとして提供しており、企業・団体とのコラボレーションに取り組んでいます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加