このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.9.19

電通デジタル、インフルエンサーのセンスを活かした動画広告制作・配信ソリューション「MOVIE GENIC 2.0」を提供開始

電通デジタル

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:山口 修治、以下電通デジタル)は、インフルエンサーの動画広告を制作・配信するソリューション「MOVIE GENIC 2.0(ムービージェニック2.0)」を、9月19日より提供を開始します。

当社では2017年9月に、株式会社TWIN PLANET(本社:東京都渋谷区、代表取締役:矢嶋 健二、以下ツインプラネット)と共同で、「Instagram」に特化したインフルエンサーを活用した動画広告制作・配信ソリューション「MOVIE GENIC」※を開発・提供し、大手食品メーカーや大手化粧品メーカーをはじめとする数多くの事業会社のInstagram Stories広告を制作・配信してきました。そしてこの度、「MOVIE GENIC 2.0」として、「Facebook」「Twitter」とサービス対象SNSを増やし、さらに株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、社長:新澤 明男、以下CCI)を通して、昨今急激に利用者が増えている「TikTok」においても展開をはじめます。

昨今、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末ユーザーによるSNS利用の一般化と、通信インフラ環境の整備とプラットフォームの進化に伴い動画コンテンツの閲覧・投稿は増加し、ユーザー間のコミュニケーションの一部となっています。また、動画広告はその訴求力の高さから企業のマーケティング活動においても重要視されています。

今回対象SNSのひとつである「TikTok」は、ユーザーが簡単に個性あふれる動画を編集し、約15秒のオリジナルビデオとして、友達をはじめ世界中の人々に共有できるショートムービーアプリで、若年層を中心にユーザーが拡大しています。「TikTok」の動画広告では、世界観に合わせた映像センスが求められるため、本サービスでは「TikTok」のインフルエンサー自身が撮影・編集することによって、彼らの世界観を最大限に活かす仕組みを構築しています。これにより広告主は、ブランド認知、アプリのインストール、購買意向などの指標を向上させることが可能になります。

本サービスにおける3社の主な役割は、電通デジタルのクリエーティブチーム アドバンストクリエーティブセンターが動画広告の企画・ディレクションを担当します。CCIは「TikTok」をはじめとするSNSの広告の配信からレポーティングまで担い、ツインプラネットはインフルエンサーのマネジメントを行います。

今後も電通グループは、広告主のさまざまなニーズに応えていくため、多様なプラットフォームを対象に、より効果的な広告コミュニケーションのあり方を研究し、新しいサービスの開発・提供を進めていきます。

※:2017年9月15日プレスリリース https://www.dentsudigital.co.jp/release/2017/0915-00218/index.html

電通デジタル アドバンストクリエーティブセンターについて

データ・AIとクリエーティブの融合を目指し、2017年4月に新設された事業部です。認知度や好意度を向上させるブランドリフト広告から、顧客獲得のためのダイレクトレスポンス広告(バナー/ランディングページ(LP)/オンライン動画/ソーシャル広告)までを統合的に設計・制作し、広告配信の成果に合わせて改善のためのPDCAを行っています。広告の第一線で活躍するクリエーティブディレクター、コピーライター、アートディレクターや、ダイレクトレスポンス広告に関する知見・ノウハウを有するコンサルタントやディレクターなど、数十名のスペシャリストが在籍しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加