このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2013.7.25

スケールアウトとDNP、DMPを活用し最適化されたネットプロモーションを展開

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、インターネット広告の配信・運用にノウハウを持つ株式会社スケールアウトの協力のもと、生活者のウェブサイト閲覧履歴などを統合管理するDMP(Data Management Platform)を活用したマーケティング支援サービスを7月31日に開始します。

当サービスは、DNPグループで運営するサービスや提携企業が運営するウェブサイトの閲覧情報を統合管理し、生活者の多様な興味や関心の傾向を類推・分類し、属性情報などを組み合わせることで、最適化されたプロモーションの展開をサポートします。

【サービス開始の背景】

生活者向けにサービスや商品を提供する企業は、新規顧客の獲得を進めると同時に、既存顧客の満足度向上に注力しています。顧客満足度を向上させるためには、顧客に関する情報を分析して多様化するニーズを把握し、顧客の特性や属性に合わせた最適なサービス・商品を提供することが重要です。しかし、生活者のライフステージや嗜好は時と共に変化するため、企業は変化する生活者の情報を継続的に把握していくことが課題になっています。

この課題に対してDNPは、ウェブサイトの閲覧情報を用いて生活者の嗜好を類推することで、プロモーションの展開など、企業のマーケティングを支援するサービスを開始します。

【サービスの概要】

当サービスの提供にあたりDNPは、スケールアウトが開発したDMPを活用しています。このDMPには、DNPの資本・業務提携先である総合情報サイト「All About」のほか、DNPグループで運営しているネットショッピングとサンプリングを展開する「エルネ」と、ネットチラシサービス「オリコミーオ!」の閲覧情報を蓄積しています。ライフステージや嗜好をリアルタイムに反映する各ウェブサイトの閲覧情報をDMPで統合管理して解析することで、多様な生活者から類推した複数の“ユーザー像”を把握することができます。これらのユーザー像の興味や関心にマッチしたマーケティング施策を、多様な分野で実施できます。

【サービスの活用例】

「All About」「エルネ」「オリコミーオ!」の閲覧情報の活用例として、例えばAll Aboutの「育児カテゴリ」やエルネの「主婦向けサンプリングサイト」、オリコミーオ!の「特定エリアのネットチラシ」を閲覧した履歴を持つ生活者グループを抽出します。このグループは、「幼い子供のいる家庭の主婦で、そのエリアのお得情報を求めている確率が高い人達」というユーザー像として認識され、そのユーザー像に向けた最適なプロモーションが展開できます。また、価値観やライフスタイル、購買行動に関するアンケート結果をデータベース化したDNP独自の『消費者価値観データベース』との連携により、より高度な分析も行えます。
このDMPに、顧客企業のウェブサイトの閲覧情報を掛け合わせていくことで、それぞれの企業独自の顧客セグメントを作り上げていきます。なお、顧客セグメントの作成に関しては、数ヶ月程度の閲覧データの蓄積が必要となります。
DNP独自の販促支援サービスと組み合わせたプロモーションの展開が可能です。生活者の意識調査から最適な販促物のデザインやキャッチコピーなどを提案する『Creative Doctor』や、企業のブランドルールに沿って各店舗がエリアや顧客層の特性に応じて独自の販促ツールを制作できる『PROMAX(プロマックス)』などと連携したサービスを提供します。
商品を購入したと思われる人のみに提供するアフターサービス情報や他の商品のレコメンド情報など、個人情報を保有することなく、有益な情報を配信することができます。

スケールアウト

【閲覧情報の収集に関して】

DMPではCookie技術を活用し、提携するウェブサイトの閲覧情報を蓄積します。蓄積する情報に個人を特定する情報は含まれません。また、それ以外にも各提携ウェブサイトへの説明記載の義務化や収集停止機能の設置などにより、生活者に配慮した取り組みを行っていきます。

【今後の展開】

DNPは、自社で保有する情報資産を多角的に分析し、より効果的な広告・販促施策を実践する企業に対してDMPの導入を促すと同時に、企業のマーケティング活動を多面的に支援していきます。DNPは、DMPを活用した分析サービスやプロモーションの企画、関連する制作物などで2016年度までに30億円の売上を目指します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加