このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.10.4

CCI、媒体社及び広告主向けのデータコンサルティングサービスを強化新たに「DataCurrent」の名称でサービス提供開始

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI) は、媒体社や広告主向けのデータコンサルティングサービスのラインナップを拡大、施策の実行力を強化し、新たに「DataCurrent」として提供開始いたします。

CCIでは、以前より企業のプライベートDMP導入支援やDMP導入後の運用サポート、サードパーティーデータ(*1)の販売ネットワーク「PrediX」を通じた配信事業者へのデータセグメントの提供やオーディエンスデータの収益化支援を行ってまいりました。同時に、昨今のデータ領域を取り巻く環境の変化を受け、企業間でのデータ連携(セカンドパーティーデータ(*2)連携)の推進、ユーザーのマルチデバイス化への対応、オンラインプライバシー保護の整備など、市場のニーズに合わせてサービス範囲の拡大・充実化を図っております。

「PrediX」をはじめとする既存のサービスを含め、CCIが提供可能なデータに関する様々なコンサルティングサービスは「DataCurrent」のもとに統合し、媒体社向けの「DataCurrent for Publisher」、広告主・事業会社向けの「DataCurrent for Marketer」の2つの軸でサービス展開してまいります。

本サービスを通じて、企業ごとの課題に合わせたデータ活用方針の策定からデータ基盤システムの企画・設計及び運用のサポート、機械学習や深層学習を活用した高度な開発・分析の提供等を行うことで各企業のデータを基軸としたビジネスの拡大を実現します。

<DataCurrent サービス概要>
cci

また、リリースに伴いサービスサイトを新たにオープンいたしました。より詳細な各サービスの紹介や活用シーン等についてサイト上でも更新してまいります。

<DataCurrent サービスサイト>

今後もCCIは、企業のデジタルマーケティング活動に貢献してまいります。

*1 サードパーティーデータ  自社やパートナー企業以外の第三者である外部のデータ
*2 セカンドパーティーデータ 特定の企業やパブリッシャー等の外部のデータ


当サイトは有志で運営されています。継続的な運営のため、気に入りましたらご支援お願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加