このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.10.4

マイクロアド、「BrandSAFE list」の提供を開始しブランドセーフティーへの取り組みを強化

microad

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎)は、DSPサービス「MicroAd BLADE」において、広告取引の健全性・安全性を強化するため、ブランドセーフティーへの取り組みとして新たに「BrandSAFE list」の提供を開始いたします。これにより、広告主はブランド毀損に配慮した広告配信を行うことが可能になります。

従来から、DSPサービス「MicroAd BLADE」において、任意のドメインやURLを登録する事で配信先の制御を可能にするブラックリスト並びにホワイトリスト機能を提供してまいりました。この度新たに提供を開始する「BrandSAFE list」は、マイクロアドが広告配信先の中から法人運営メディアのみを選定し、さらに個々のメディアに対して、目視確認による審査を行ったドメインリストとなります。本リストを利用する事で、ブランド毀損リスクへの対応が可能になります。

マイクロアドでは、これまでもブラック/ホワイトリストによる配信先制御機能をはじめ、アドベリフィケーションツール(*1)との連携など、各種対策を行ってまいりました。今後もプログラマティック広告の健全性・安全性の向上に向けた課題解決に注力し、デジタル広告市場のより良い発展に貢献してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加