このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.10.15

アウトブレインジャパン、100%オプトインの動画ソリューションの提供を開始

FOCUS

ユーザーに新たなディスカバリー体験を提供するプレミアム・ディスカバリー・プラットフォームのリーディング・カンパニー、アウトブレイン ジャパン株式会社(本社: 東京都渋谷区、社長: 嶋瀬 宏))は本日、動画コンテンツによるユーザーの新たなディスカバリー体験を可能とする、『FOCUS』の提供を開始したことを発表しました。クリック再生型動画であるFOCUSによって、アウトブレインは動画マーケティングに変革をもたらし、消費者の動画視聴における習慣を変容させます。

FOCUSはオーディエンスとのエンゲージメントを構築するために設計された新たなアプローチであり、これにより動画コンテンツはユーザーに強制するものではなくユーザーに選ばれるものになります。クリック再生型フォーマットという基盤に加え、高度なターゲティングと真のストーリーテリングに適したエンゲージメントの高い長尺の動画フォーマットが組み合わさる事で、FOCUSによる動画体験はブランドに対してエンゲージメントの高い、オプトインオーディエンスを100%保証します。アウトブレインは、世界中のプレミアムパブリッシャーサイトのネイティブ環境のなかでパーソナライズされたポジティブなユーザー体験を創造していくことに取り組んでおり、FOCUSはそのアウトブレインの価値観を反映したものです。

動画広告において、マーケターは視聴回数のみならず、視聴時間という指標も重要視しています。オーディエンスの興味関心に沿ってターゲティングしていくことによって、視聴時間をより長くすることができ、視聴完了率を向上させることができます。さらにFOCUSを動画コンテンツ配信のために利用するマーケターは、アウトブレインの有する既存のあらゆる配信方法を活用してプレミアムなネイティブ環境のなかで高度なターゲティングを行うことができます。

イスラエルとヨーロッパの主要ブランドにより実施された、FOCUSのβ版における結果は業界のベンチマークを大幅に上回るものとなっています。世界最大の食品・飲料会社ネスレがイスラエルにて実施した同社商品「Petit Buerre」のキャンペーンでは、同商品を材料とした様々な料理のショットによる49秒の動画を配信したところ、他社の大手プラットフォームと比較して約2倍の数値となる48%の視聴完了率と、平均視聴時間35秒という非常に高い結果を残しました。また、イギリスの製薬会社である「グラクソ・スミスクライン」が主力製品、シュミテクトにおいて実施した60秒ビデオの平均視聴時間は37秒で、49%のユーザーが完全視聴しました。

今回の発表について、アウトブレイン ジャパン株式会社 社長の嶋瀬 宏は次のように述べています。「これまでマーケターは長尺の動画を、ユーザーのコンテンツ消費体験を阻害することなく配信する有効な手法はありませんでしたが、FOCUSによりネイティブフォーマットによる100%のシェア・オブ・ボイスを担保した形で、ネットワーク上で適切なユーザーに適切にリーチする事が可能になります。今後もアウトブレインでは動画だけではなく、ユーザーにとって興味・関心の高いコンテンツをフォーマットを問わず届けられるよう、投資を続けてまいります。」

アウトブレインジャパンについて

アウトブレインジャパン株式会社は米国ニューヨークに本社を持つOutbrain社の日本法人です。Outbrainはサイト読者個人の興味・関心に応じて最適化された、オンライン、モバイル、動画コンテンツを提供し、パブリッシャーが読者を理解することでトラフィックを増加させる手助けをする、世界のリーディング・ディスカバリー・プラットフォームです。OutbrainはCNN、Time Inc.、Fox News、Le Monde、The Guardian、Slate, The Telegraph, New York Postをはじめとする世界中のリーディングパブリッシャーで採用されており、月間10億人以上のユーザーがOutbrainを利用、月間2750億回以上のコンテンツ・レコメンデーションを提供しています。日本でも2014年4月にサービスを開始して以降、多くのリーディングパブリッシャーがOutbrainを採用しています。Outbrainは2006年にニューヨークで設立し、米国、イギリス、イスラエル、日本、シンガポール、オーストラリアの国々にオフィスを構えています。 http://www.outbrain.com/jp


  • このエントリーをはてなブックマークに追加