このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.10.17

セプテーニ、専門のクリエイティブ研究チーム「TikTok LAB」を設立

tiktoklab

株式会社セプテーニ(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 光紀、以下「セプテーニ」)は、若年層を中心に人気の高いスマートフォン向けショートムービーアプリ「TikTok」における運用型広告の先行テスト配信を開始いたしました。

 近年、デジタルメディアにおけるユーザーの利用環境や利用動向が変化し、特に若年層のビジュアルコミュニケーションにおいては、写真から動画への移行が進んでいます。
 TikTokは、2018年第1四半期には世界一ダウンロードされた、若者を中心とする動画コミュニティアプリです。ユーザーは個性あふれる動画を撮影し、多様なフィルターや効果、ユニークな音楽を活用して編集し、約15秒のオリジナルビデオとして、友達にシェアすることができます。

 日本においては、2018年10月よりTikTok運用型広告枠のテスト配信が実施されており、これに合わせ、セプテーニでは先行してテスト配信を開始いたしました。
 また、今後の本格運用に向けて、TikTok専門のクリエイティブ研究チーム「TikTok LAB」を設立いたしました。「TikTok LAB」では、TikTokの運用型広告における効果の高いクリエイティブを研究し、そのノウハウを貯めることで、広告効果の最大化を図ってまいります。

 セプテーニでは今後も運用型広告で培った技術力と運用力を活かしながら、TikTok運用型広告に注力し、広告主企業のニーズに対応した質の高いインターネットマーケティングサービスを提供してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加