このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2013.7.30

オムニバス、DMPを活用した「ユーザー・プロフィール分析」サービスを開始

DMPを活用したアクセス解析により、データに基づくペルソナ設計が可能となる
「ユーザー・プロフィール分析」サービスを開始
「パーソナリティ」「ライク」「ライフ」「コミュニティ」の軸で、ユーザーの興味関心を明らかに

アドテクノロジーを活用したデジタルマーケティング事業を展開する株式会社オムニバス(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:山本章悟 以下、オムニバス)は、この度、DMPを活用したアクセス解析により、データに基づくペルソナ設計が可能となる「ユーザー・プロフィール分析」サービスを開始いたしました。
本サービスにより、自社のサービスに興味を持った(サイトに訪れた)ユーザーの人物像を明らかにすることでマーケティング活動において設定されたターゲットユーザー像の仮説検証や、新たなマーケティング活動のアイデアを得ることができます。

■ 調査方法について
DMPを用いて、行動データを取得しているオーディエンスに対してディスプレイ広告を配信し自社サイトに誘導。
サイトに訪問したユーザー=サービスに興味を持つユーザーとして、その行動データを統計的に分析。
オムニバスの保有するオーディエンスデータを「パーソナリティ」「ライク」「ライフ」「コミュニティ」の4つの大カテゴリに分類し、それぞれの視点からユーザーの特徴を導き出します。

オムニバスDMP

▼ユーザー・プロフィール分析カテゴリ
Personality :女性、男性などユーザーのデモグラ情報に近いカテゴリ
Life :マネーや住宅、家事など生活に関するカテゴリ
Like :ユーザーの趣味など、好きなことに関するカテゴリ
Community:学校やビジネスなどユーザーが属している機関など社会的なものに関するカテゴリ


■調査レポートについて

1)オーディエンス分析結果一覧
  分析に用いた全てのカテゴリの分析結果のローデータを一覧化。

2)ペルソナ分析
  4つの大カテゴリの中で、アクション率※が高いものを抽出したマトリクス分析、
  およびペルソナの特徴をまとめたレポート。
  ※アクション率・・・各カテゴリごとの想定imp数に対するクリックユーザーの割合

3)カテゴリ詳細分析
  オーディエンス分析結果一覧の一部をマネーや住宅といった中カテゴリごとに切り出し、
  保険や貯蓄等、同一中カテゴリ内の小カテゴリを比較・分析。

■ 価格:50万円〜100万円(参考価格。調査に関わるデータ量や期間によって異なります。)
■ 調査期間:1ヶ月〜3ヶ月

■マーケティングのアイディアのヒント
分析によって得られたユーザー・プロフィールを活用して、新しいマーケティングプランの検討が可能

Ex.) 紅茶ブランドの場合

ユーザー:肩こりや不眠、ストレスに悩んでおり、定期的にリラクゼーションサロンを利用している傾向
新しいマーケティンングプラン
⇒寝る前に紅茶を飲んでリラックスしよう、というメッセージをユーザーに伝えてみよう。

■広告配信の効率化
ユーザーの興味関心に合わせたメッセージやクリエイティブ、ターゲティング設定を行うことが可能になり、
広告配信の効率性を上げることできます。

※1 DMPとは
データーマネジメントプラットフォームの略称.webサイトにアクセスしたユーザーに関する様々なデータをマーケティングデーターとしてマネジメントする事のできるシステム

※ 2 オーディエンスデータとは
行動データ、デモグラフィックデータ、検索データ等、
インターネットユーザーの持つ取得可能なありとあらゆるデータ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加