このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.11.6

オプト、慶應義塾大学と共同で位置情報マーケティングの研究開発を推進

株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト) の「オムニチャネルイノベーションセンター」は、慶應義塾大学総合政策学部 上山信一教授と共同で、位置情報マーケティングの研究開発を開始いたしました。


昨今のデジタル環境の進化に伴って、生活者の消費行動の多様化・個別化が進み、企業のマーケティング活動にも個別最適化されたリアルタイム性・双方向性の高いコミュニケーションが求められています。小売有店舗事業者の販促活動においても、これまで主流とされてきた折込広告やDM広告にかわる販促手法としてデジタルを取り入れた来店施策に注目が集まっています。

オプトでは、そのような背景を受け、小売業のデジタルシフト支援を目的としたオムニチャネルイノベーションセンター(以下 OIC)を2018年3月に設立し、多くの有店舗事業者の支援をおこなってまいりました。今回、そうしたサービス実績を上山教授に評価いただき、共同研究への取り組みが実現しました。上山研究室は、これまでに有店舗事業者含めた様々なマーケティング調査研究のプロジェクトを45企業で行っています。

今回の共同研究の内容としては、本取り組みの趣旨に賛同いただける多店舗展開企業の保有する各種データを元に、上山教授が開講する「経営診断や市場競合調査」をテーマとしたゼミの学生と、オプトが連携してマーケティング活用に向けた分析を行っていきます。そして、その分析結果を元に、実際に企業のプロモーションを実行していくものとなります。

オプト 慶應義塾大学

今回の取り組みでは、両社の知見を掛け合わせることで、位置情報マーケティングの新たな活用の切り口を開発すると共に、マーケティング人材の育成を推進し、オムニチャネル市場の活性化に取り組んでまいります。

引き続きオプトでは、企業のオムニチャネル化を支援するための全体設計と実行、利便性の高い購買の仕組み構築など、オムニチャネルを成功させるための新しい価値創造に取り組んでまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加