このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.11.14

サイバーエージェントの「Skyrocket」、配信エンジンを大幅アップデート

Skyrocket

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクスタジオは、ブランディング広告向け滞在時間最大化DSP「Skyrocket」において、機械学習により直帰率削減を可能にする配信エンジンのアップデートを実施したことをお知らせいたします。

近年、ブランディング広告においてデジタルシフトが進み、インターネット広告を活用するクライアントが増加している中、クリック直後に商材に興味を示さずに離脱してしまう「直帰」ユーザーが多いことは課題視されております。

「Skyrocket」では、興味の低いユーザーは滞在時間が短いと考え、滞在時間をいかに向上させるかということをブランディング広告における一つの効果指標としております。このような背景のもと、「直帰」の定義をさらに細分化し、「LPを表示して数秒以内に離脱したユーザー」を「即帰」と定義しました。

これまでも「Skyrocket」では、サイト内のユーザー行動の分析により、より滞在時間の長いユーザーの誘導を行っておりましたが、さらなる滞在時間の向上を図るため直帰ユーザーのような滞在時間の短いユーザーの抑制機能を追加いたしました。今回行った配信エンジンのアップデートにより、「即帰」ユーザーの予測が実現し、こちらを加味した配信・運用することで、より滞在時間の長いユーザーへの配信効率が向上いたしました。

Skyrocket

直帰率の引き下げを可能としたことで、よりコンテンツに興味があるユーザーにターゲットを絞った誘導を配信開始時から可能とし、ブランディング広告を中心とした広告効果の向上が見込めます。

また、配信エンジンのアップデートに含まれる予測モデルの構築や入札価格決定メカニズムの構築は、最新のAI技術を研究し、より品質の高い広告配信技術の実現を目指す当社のAI研究組織「AI Lab」と共同で研究・開発を行っています。

「Skyrocket」は、今後も滞在時間の高い良質なユーザーを効率よく獲得するためのアルゴリズムを開発していくとともに、直帰率をはじめとした様々な指標を改善することにより滞在時間の底上げを図ってまいります。

Skyrocketとは

「Skyrocket(スカイロケット)」は、ブランディング広告で重要指標となるサイト滞在時間を最大化するDSPです。
すべての流入経路毎のサイト滞在時間を計測し、ユーザーのサイト滞在時間の長さに応じた入札単価の最適化により、サイト滞在時間の最大化と滞在時間獲得の効率化を図ることで費用対効率のよいサービスを提供しております。

アドテクスタジオとは

サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野をはじめ、AI・ロボットサービス分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。2013年10月1日に設立し、現在では4つの子会社を包括し、約200名のエンジニアによって、RTB広告を支えるSSPやDSP、AI・ロボットサービス事業などの約20サービスを提供しております。

「AI Lab」とは

人工知能を活用したアドテクノロジーの広告配信技術の研究・開発を目的に2016年1月に設立した研究開発組織です。高度なAI研究技術を持ち実用化に積極的な研究室との産学連携を行い、さらなる広告配信技術の向上を目指し、研究・開発に取り組んでおります。

Tags:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加