このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2018.11.29

トーチライト、フィード広告管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」においてLINE Ads Platformの「LINE Dynamic Ads」に対応

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)の連結子会社である株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:矢吹岳史、以下 トーチライト)は、データフィード制作・管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」において、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛、以下 LINE)の運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」(※1)で提供を開始した「LINE Dynamic Ads」へ対応いたします。

 広告主企業は「Sherpa for Feed」を利用することで、「LINE Ads Platform」上で展開する広告において、独自機能の利用や広告の最適化、およびデータフィードの効率的な運用が可能になります。
20181129_sherpa

LINE Ads Platform 「LINE Dynamic Ads」について

 LINEが提供開始した「LINE Dynamic Ads」は、アパレルEC、不動産、旅行、人材などの商品販売や情報案内ページに設置されたタグ「LINE Tag」を介し、サイトに訪問したユーザーが閲覧した商品・情報などの行動履歴をデータとして蓄積し、その行動履歴をもとに、データフィードと呼ばれるサイトに掲載されている商品・情報のデータから最適なクリエイティブを自動生成し、ユーザーごとにパーソナライズされたリターゲティング広告をLINEのフィード上で配信する広告です。

「Sherpa for Feed」について

 「Sherpa for Feed」はトーチライトが開発・提供する、データフィード制作・管理プラットフォームです。データフィード広告の設定をはじめ、フィードデータの商品に対して購買欲求が高いユーザーを元に、趣味嗜好が似ているユーザーをサイト未訪問者層から抽出・ターゲットとして広告を配信する「プロスペクティング配信機能」や、フィードデータの商品ごとに広告で訴求したいポイント(「50% Off」、「Sale!」など)をバッジとして付加する「カスタムバッジ機能」など、フィード広告に特化した機能を提供しています。
*企業からの商品情報データ提供により、データフィードと呼ばれる各種商品データを、自動的に各媒体の広告規定フォーマットに最適化して生成します。

20181129_sherpa2

 トーチライトは、2018年5月にLINEの運用型広告「LINE Ads Platform」において初の「Ad Tech Partner」に認定されています。広告主企業は「Sherpa」を利用することにより、「LINE Ads Platform」上で展開する広告において、独自機能の利用や広告の最適化、および効率的な運用が可能です(※2)。

 DACおよびトーチライトは今後も、「Sherpa」を通じ、広告主企業や広告会社の広告運用の効果改善および運用効率改善の支援に積極的に取り組んでまいります。

(※1)「LINE Ads Platform」は、LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォームです。
(※2)2018年5月8日リリース『トーチライト、LINEの運用型広告「LINE Ads Platform」において初の「Ad Tech Partner」に認定』 https://www.dac.co.jp/press/2018/20180508_torchlight


  • このエントリーをはてなブックマークに追加