このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2013.8.8

「OpenX Market Japan」および「CheckerX」、プラットフォーム・ワンが提供するDSP「MarketOne®」と接続、RTB取引を開始

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:新澤 明男 以下 cci)は、cciが運営するオンラインアドエクスチェンジ「OpenX Market Japan」および事前広告クリエーティブチェックツール「CheckerX」において、株式会社プラットフォーム・ワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:徳久 昭彦)が提供するデマンドサイドプラットフォーム(以下 DSP)(※1)「MarketOne®」と接続し、リアルタイムビッディング(以下 RTB)(※2)取引を開始いたしました。

cciが運営する「OpenX Market Japan」は、複数のメディアの広告在庫を一元化した上でオープン化し、オンライン上でそれら広告在庫の売買が可能になるアドエクスチェンジサービスです。cci が米国OpenX Technologies社と提携し提供しており、月間100億インプレッションを超える広告在庫を取り扱い、既に国内外の20以上ものDSPと接続しています。
また、「CheckerX」は、「OpenX Market Japan」にて広告掲載前に媒体社様が原稿クリエーティブを確認できるツールで、昨年7月の提供開始以来、多くのプレミアム媒体社様にご利用いただいております。

プラットフォーム・ワンが提供する「MarketOne®」は、RTB取引を行う広告主が2,000社を超える日本国内最大級のDSPです。

この度の「MarketOne®」との接続により、デマンドプレーヤーが増えることで「OpenX Market Japan」上でのRTB取引が活発化し、「CheckerX」を利用いただいているプレミアム媒体社様も含めた広告在庫の効率的なマネタイズ、広告収益のさらなる向上が期待できます。

cciは今後もさらにDSP事業者様との接続を進めて市場の活性化を図るとともに、「CheckerX」との接続も同時に進めることで、プレミアム媒体社様のオンラインアドエクスチェンジへの参画を促進してまいります。

※1 DSPとは
デマンドサイドプラットフォーム(Demand-Side Platform)とは、インターネット広告において、広告主様や広告会社様が、広告在庫の買い付け、広告配信、掲載面・オーディエンスのターゲティングなどを一括して行うツールならびにサービスのことです。

※2 RTBとは
リアルタイムビッディング(Real Time Bidding)とは、インターネット広告の入札の仕組みで、広告のインプレッションが発生するたびに広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定する方式のことです。


当サイトは有志で運営されています。継続的な運営のため、気に入りましたらご支援お願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加