このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.1.21

TikTok運営のByteDance、広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」として全面リニューアル 〜TikTokとBuzzVideoにターゲティング広告可能に〜

TikTok Ads

ByteDanceは、広告配信プラットフォームを一新し、新たに「TikTok Ads(https://ads.tiktok.com)」として1月9日にリニューアルいたしました。TikTok Adsは、広告の配信目的やターゲティングに合わせて最適化をかけ、TikTokとBuzzVideoに広告を配信するサービスです。

今後、以下の特徴を含むTikTok Adsにより、さらにターゲティングを正確に行うことができるようになります。

TikTok Adsの特徴

・精度の高いユーザー属性のターゲティング
・視聴コンテンツに合わせた広告配信
・年齢、性別、OS、地域(都道府県別)など、詳細なターゲティング設定
・独自のアルゴリズムによる目標CPAにあわせた入札と最適化
・簡単に動画広告を作成できるツールの提供

TikTok Ads

TikTokへの広告配信のメリット

・5秒~15秒の動画広告をスマートフォンのフルスクリーンで表示
・ユーザーが音楽や音声などの”音”を聴ける環境の為、”音”でも訴求可能
・広告の拡散が可能

TikTok Adsは、TikTok等弊社のアプリ上で日々ユーザーが生み出すテキストや画像、動画などのコンテンツやエンゲージメントデータを広告配信において有効に活用するためのプラットフォームです。

TikTok Adsを利用することで広告主は、普段ユーザーが視聴して投稿する動画のように、自社ブランドのストーリーの動画を作成し、最適なユーザーをターゲティングし配信することで、効果的にユーザーの興味・関心を惹くことができます。UGCプラットフォームとして、個々のユーザーの興味に合った動画を配信する一方で、今回のサービスを通じて広告主側が、より効果的にターゲットにリーチする機会を促し、フォロワーの興味・関心を喚起できる各種機能も提供します。

TikTok Adsを通じ、ユーザー側、広告主側に双方にとって価値あるコンテンツの提供を可能とするプラットフォームを提供いたします。TikTokは、次世代のクリエイターの育成を図り、情熱やクリエイティビティが発揮できる場を提供するべく、引き続き取り組んでまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加