このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2013.8.8

CyberZ、米41st Parameter社と戦略的パートナーシップ -ブラウザ起動や端末IDを利用しないプライバシーに配慮した広告効果測定を実現-

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、PC・スマートデバイスを対象に識別技術を提供するThe 41st Parameter Inc.(本社:アリゾナ州、CEO:Alan Naumann)と協業し、提供するスマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」(以下、「F.O.X」)において、広告効果測定の新たなデバイス推定技術を導入したことを発表します。

41st Parameterは、個人を特定できる情報(端末ID、行動・購買履歴、位置情報など)を一切使用せずに、Cookie(※1)が動作しない環境においても、独自のデバイス推定技術「AdTruth」でオンライン広告の効果計測を可能にした、世界有数のテクノロジーベンダーです。北米やヨーロッパを中心に、世界で60社以上の導入実績を誇っております。

従来、スマートフォンアプリを対象としたプロモーションの場合、対象アプリの初回起動時にウェブブラウザの起動を行って効果計測しておりましたが、AdTruthのデバイス推定技術を導入することで、ウェブブラウザの起動を行わずに効果計測することが可能になりました。これにより、Cookieや端末IDを一切利用しない、プライバシーに配慮した広告効果測定を実現いたします。なお、「F.O.X」のSDKを対象のスマートフォンアプリに導入することで、プロモーションニーズに応じた効果計測方法を、管理画面上で選択することが可能です。

「F.O.X」は、Facebook社のモバイル広告「Mobile App Install Ads」やLINE社の「LINEフリーコイン」等、170社以上のメディアと連携しており、国内のスマートフォン広告向けソリューションツールとして最大級のメディア連携数を誇っております。また、日本の媒体だけではなく、北米や中国、韓国のメディアとも連携しており、国内外の幅広いメディアを対象にブラウザ非起動の計測方法をご利用いただけます。なお、LTV計測(※2)やアクセス解析機能、継続率(※3)の測定も可能です。

当社は、全世界1,200を超えるアプリへの導入実績を元に、今後も企業のスマートフォンプロモーションの問題解決や効果向上への寄与を目指し、スマートフォン広告メディアの拡大および、広告効果の最適化に努めてまいります。

※1 Cookieとは ウェブブラウザを通じて、訪問ユーザーのデバイスに対象サービスにアクセスした日時や回数などのデータを一時的書き込む仕組み。
※2 LTV(Life Time Value=顧客生涯価値)とは 消費者が企業の商品を購入することによって企業にもたらされる損益の累計。
※3 継続率とは ユーザーが対象アプリをインストールした日を起点とし、その翌日以降における対象アプリの利用状況を計測する指標。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加