このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.3.15

セプテーニ、アドベリフィケーション推進協議会に加盟

セプテーニ

株式会社セプテーニ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:清水 雄介、以下「セプテーニ」)は、3月14日付で「アドベリフィケーション推進協議会」に正式加盟しましたことをお知らせいたします。

 昨今、広告配信システムの自動化が進むデジタル広告では、不透明な広告取引によって発生した不正トラフィックによる広告詐欺や、不適切なサイトへの広告表示などの問題が表出しており、正確な現状把握と本格的な対策を行っていくことが喫緊の課題となっています。

 セプテーニでは、これらの課題に対し、デジタル広告取引の健全化に向けた社内体制の構築に注力してまいりましたが、この度、アドベリフィケーション推進協議会の取り組みに賛同し、正式加盟することを決定いたしました。

 セプテーニは、アドベリフィケーション推進協議会における活動を通し、対策立案体制をより強化することで、企業のマーケティング活動における有益な情報提供およびサポートを積極的に行い、デジタル広告取引における健全化に取り組んでまいります。

アドベリフィケーション推進協議会について

日本におけるアドベリフィケーション問題の現状把握と具体的な対策の研究を深化させるとともに、その研究結果を適宜ホワイトペーパーにして一般公表し、広告出稿時の一助になることを目指す。2017年10月に、株式会社電通、株式会社電通デジタル、Momentum株式会社、インテグラル アド サイエンス社、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)の5社により発足。現在は株式会社DAサーチ&リンクとMOAT(オラクル)社が新たに加わり、計7社が加盟している。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加