このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.4.22

フジテレビ、ユーザーの地域データを活用し気象情報を活用してFODにて「お天気ターゲティング」リリース

FOD お天気ターゲティング

株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮内正喜、以下フジテレビ)は、株式会社 博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下博報堂DYメディアパートナーズ)と連携し、ドラマやバラエティの最新話が無料で視聴できる「FOD見逃し配信」にて、ユーザーの地域データを活用し天気や気温等の気象情報に合わせて広告を配信する「お天気ターゲティング」の提供を2019年4月22日(月)より開始いたします。

 「お天気ターゲティング」は、FODが提供する動画配信サービスアプリ「FOD」の視聴前アンケートによるユーザー地域データ(国内47都道府県)と、日本気象協会提供の気象情報(※)を掛け合わせ、ユーザーの地域の気象情報に合わせた広告を配信いたします。

 利用可能な気象情報は、天気予報、最高最低気温、花粉情報、紫外線情報、素肌乾燥情報となっています。
 最高気温が一定以上を超える地域のユーザーには冷たい飲み物の広告を、雨が予想される地域のユーザーには雨の日限定の広告を配信するなど、“気象情報”に合わせて消費者に適切な情報を届けることができます。

 「お天気ターゲティング」は2019年4月22日(月)から6月30日(日)まで、博報堂DYメディアパートナーズとの共同セールスという形で開始いたします。7月以降よりオープンセールスを開始する予定です。

※日本気象協会より、定期的に送信される予報データに基づき、毎日6時台、12時台、18時台にデータを更新いたします。
※予報データは国内47都道府県の県庁所在地に基づきます。

「お天気ターゲティング」概要

ユーザー地域データ(国内47都道府県)と、日本気象協会提供の気象情報(※)を掛け合わせ、ユーザーの地域の気象情報に合わせた広告を配信するメニュー。
※天気予報、最高最低気温、花粉情報、紫外線情報、素肌乾燥情報


  • このエントリーをはてなブックマークに追加