このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.6.17

ブレインパッド、「Rtoaster」によるアクションの最適化・成果最大化を支援するマーケティングダッシュボード構築支援サービスを開始

1

株式会社ブレインパッドは、自社開発・提供するレコメンドエンジン搭載プライベートDMP(*1)「Rtoaster(アールトースター)」の活用効果の最大化を支援するプロフェッショナルサービスとして、マーケティングダッシュボード構築支援サービスを提供開始したことを発表します。また、同サービスの提供に合わせ、「Rtoaster」にカスタムレポート機能を追加いたしました。

 現在のデジタルマーケティング市場には、国内製・海外製を問わずさまざまなツールが存在し、その導入が進んでいます。しかし、ユーザー企業の中には、それらのマーケティングツールを使いこなせず、本質的な効果を上げることができずにいることを課題としている場合があります。例えば、アクセス解析ツールにより可視化されたデータを見るだけに留まっている場合や、ツール導入後は全てがツール任せになっている場合などでは、収集したデータの価値を活かせず、アクションの効果も限定的になっている可能性があります。

 ブレインパッドのマーケティングダッシュボード構築支援サービスは、国内トップクラスDMP「Rtoaster」を用いて、データドリブンにマーケティング成果の最大化を支援するプロフェッショナルサービスです。

 当社のデジタルマーケティングコンサルタントが「Rtoaster」による施策実行とその成果を最大化するだけでなく、このたび追加されたカスタムレポート機能を用いて、企業ごとの課題に応じたカスタムレポートを作成し、運用効果の測定と改善提案を行います。加えて、「Rtoaster」の専属データサイエンティストが、収集されたデータをさらに深く分析し、適切なKPIの設定や、目標達成に向けた各種指標の見直し・改善を支援いたします。
 これにより、「Rtoaster」で取得したデータを単に可視化・分析するだけでなく、効果測定から施策(アクション)に繋げ、確実な成果創出を実現いたします。

■マーケティングダッシュボード構築支援サービスの支援内容の一例
1.コンサルタントによる、「Rtoaster」で取得したデータを統合・分析・可視化するカスタムレポート
 マーケティングダッシュボード構築支援サービスは、デジタルマーケティングコンサルタントが企業ごとにヒアリングを行い、課題にあわせてカスタムレポートの作成を行います。カスタムレポートは、「Rtoaster」で取得した複数のデータを統合・分析・可視化し、より精緻なユーザー分析を行います。例えばECサイトにおいては、各アイテムがどの顧客ランク層に購入されているのかが分かるようになり、ユーザーの傾向を把握することができます。また、この分析結果が「Rtoaster」の管理画面上でダッシュボード化されるため、アクセス解析ツール等を利用せずに「Rtoaster」のみでユーザー傾向の把握から、マルチチャネルでの施策実行を実現することが可能です。

2. 専属のデータサイエンティストによる、マーケティング成果を最大化する指標の設定支援
 マーケティング成果を最大化するための指標の設定は非常に重要ですが、追いかける指標の数が過剰であったり、KPIに対して適切な指標の設定ができないことに課題を感じるマーケティング担当者も多いのが事実です。このような課題に対して、マーケティングダッシュボード構築支援サービスは、「Rtoaster」専属のデータサイエンティストが目標達成に向けた各種指標の設定・見直しを支援します。
 これにより、「Rtoaster」で得られるデータを活用した施策を実行し、データドリブンにPDCAを回すことが可能となります。

■カスタムレポート機能を追加、レポート・ダッシュボードによる可視化が可能に
 本サービスの提供にあわせて「Rtoaster」にカスタムレポート機能を追加し、「Rtoaster」の管理画面上でレポート・ダッシュボードの作成が可能となりました。これにより、PDCAを適切に回すために必要なデータの分析結果を可視化できるようになります。

①現状把握
 ウェブサイトやスマートフォンアプリなど、チャネルごとに状況を定点で把握し、KPIの推移や異常検知が可能なレポート・ダッシュボード

②課題発見
 「Rtoaster」で蓄積・統合したデータを、探索的に集計・分析し、課題を深掘りすることが可能なレポート・ダッシュボード

③効果測定・改善
 「Rtoaster」で実行している施策や、他ツールとの連携により実現している施策の効果測定レポート・ダッシュボード

2

 今後もブレインパッドは、企業のデータに基づくマーケティングの支援の幅をさらに拡げるため、利用可能なデータソースの拡充、高度な機械学習ロジックによる予測や顧客分類を可能にする分析機能などを提供してまいります。

 なお、本サービスには、データプラットフォーム「Looker(ルッカー)」(*2)を利用し、お客様ごとのレポート構築の効率化や、データの統合管理を実現しております。

(*1)DMP(Data Management Platform)とは、広告主・メディア・ECサイトなどが保有するさまざまな大量データを収集・分析し、主にマーケティング用途での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと。
(*2)Lookerとは、データドリブンな意思決定する上で必要なデータ探索・共有・洞察を提供するBI(ビジネス・インテリジェンス)機能を兼ね備えた次世代型データプラットホームのこと。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加