このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.6.26

Repro、セプテーニのAI搭載アプリデータソリューションツールと連携開始

Repro

世界59か国6,500以上の導入実績を持つマーケティングプラットフォーム「Repro(リプロ)」を提供するRepro株式会社は、株式会社セプテーニが提供する、AI(機械学習)を活用したアプリデータソリューションツール「Precog for APP(プリコグ フォー アップ)」と連携したことをお知らせいたします。

「Repro」はアプリユーザーの行動・属性データを分析し、分析結果からプッシュ通知やアプリ内メッセージなどのマーケティング施策を一気通貫して実行できます。

このようにアプリユーザーと適切なコミュニケーションをとることで継続利用や課金率向上に寄与しています。
「Precog for APP」はAI(機械学習)を活用し、アプリ内のデータをもとに、ユーザーの様々なアクションの予測モデルを構築し、これらの情報を主要広告媒体と連携することで、効果的な広告運用を支援するツールです。
今回「Repro」と「Precog for APP」の連携により、「Repro」が保有するアプリユーザーの詳細な行動データを「Precog for APP」に結合し、さらに精度の高い予測モデルを構築することができるようになります。この予測モデルから作成したオーディエンスデータを用いることで、より効果の高い新規ユーザー獲得広告やリターゲティング広告の配信が可能となります。

Repro

▼連携による効果検証
本連携による効果を検証するため、以下3パターンにてテスト配信を行った結果、配信ボリュームを拡大しつつ、CPIについては③で29%改善することができ、CPD7*¹については③で35%改善することができました。

Repro

1 既存アプリインストールユーザーのリストをもとにした類似ユーザー配信
2 「Precog for APP」と広告効果測定SDKツールデータを連携し、「Precog for APP」が算出した「翌月のアプリ起動予測確率の高いユーザー」リストをもとにした類似ユーザー配信
3 「Precog for APP」と、広告効果測定SDKツールデータおよび「Repro」データを連携し、「Precog for APP」が算出した「翌月のアプリ起動予測確率の高いユーザー」リストをもとにした類似ユーザー配信
*¹ CPD7:アプリをインストールしてから7日後もアプリを起動しているユーザーの獲得単価

「Precog for APP」について

AI(機械学習)を活用し、アプリ内のデータをもとに、「起動」や「課金」、「離脱」などユーザーの様々なアクションの予測モデルを構築すると共に、その傾向をインサイトとして可視化することができます。これらの情報を主要広告媒体と連携し、各ユーザーに合わせた広告配信を行うことで、各種KPI に応じた質の高いアプローチや継続的な関係構築をより効果的に行うことができます。

社名  :株式会社セプテーニ(SEPTENI CO.,LTD.)
所在地 :東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー28F
代表者 :清水 雄介
設立  :2006年10月
事業内容:インターネット広告事業

Reproについて

「Repro」は2015年にリリースしたweb・モバイルアプリ向けのマーケティングプラットフォームです。世界59か国6,500以上(2019年4月時点)のサービスで利用されています。web・アプリユーザーの属性・行動情報を分析し、分析結果からプッシュ通知・アプリ内メッセージ・webメッセージ・広告配信などのマーケティング施策を一気通貫して実行することができます。また、AI・機械学習を活用した機能の研究開発チーム「Repro AI Labs」では、マーケティングの自動化に向けた実証実験と開発を進めており、AIがアプリから離脱する可能性が高いユーザーを約90%の精度で予測することに成功。同年12月にはこれらの商用化を実現しました。

Reproは「世の中のあらゆるデータをマーケティングに活用できる世界を創っていく」というミッションのもと、web・アプリのみならず、新たな領域のデータを連携させ、世の中のサービスとユーザーが最適なコミュニケーションを図ることのできる世界を創ってまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加