このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2013.10.3

ニールセン、オンライン広告のブランドリフト効果を測定し、最適化を支援するニールセンOnline Brand Effect(オンライン・ブランド・エフェクト)を提供開始

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智清訓)は、本日、オンライン広告のブランドリフト効果を測定し、キャンペーンの最適化を支援するニールセンOnline Brand Effect(オンライン・ブランド・エフェクト)の提供開始を発表しました。

ニールセンOnline Brand Effectは、メディア企業、広告代理店、および広告主がオンライン広告のブランドリフト効果を計測し最適化するためのソリューションです。ニールセンOnline Brand Effectはブランドリフト効果の最適化支援を行う上で下記の2つの大きな特徴を有しています。

・オンライン広告によるブランドリフト効果の向上を、認知度・好意度・態度変容・購買意向などの指標で、リアルタイムに把握することができます。これにより、キャンペーン後だけではなくキャンペーン中にもPDCAサイクルを回しながら最適化を行うことができます。

・キャンペーン全体の非接触者と接触者間のブランドリフト効果の比較はもとより、クリエイティブごと、サイトごと、フリーケンシー(広告接触頻度)ごと、ユーザセグメント(広告接触者属性)ごとにも広告によるブランドリフト効果を比較することができるので、キャンペーン改善のための施策が立てやすくなります。

ニールセンOnline Brand Effectは、シンプルで分かりやすいインターフェースを提供しているため、キャンペーンの検証をスムーズに行うことができます。

また、ニールセンが買収したVizu社の時代も含めると、5年以上の実績を持つニールセンOnline Brand Effectが蓄積してきたノーム値をインターフェース上で確認することができます。これによりキャンペーンの効果測定結果の良し悪しを、業界基準値と比較して評価することが可能となります。

更にニールセンOnline Brand Effectは、メディア企業と、広告代理店や広告主が共同で同一キャンペーン上のブランドリフト効果の最適化支援を行える機能も提供しており、この機能を利用することで利用しない場合に比べて平均30%のブランドリフト効果の向上が見られたという実績もあります。ニールセンOnline Brand Effectをご利用になることで、リアルタイムにブランドリフト効果を計測しキャンペーン効果の最大化を図ることができます。

ニールセン株式会社代表取締役社長武智清訓は「このソリューションにより、導入企業はオンライン広告のブランドリフト効果をシンプルに把握することができます。ネット接続環境やデバイスの進化に伴い動画広告やプレミアム広告が増加する中、従来のトラフィック効果やレスポンス効果ではなく、ブランドリフト効果をみることでキャンペーンの効果を日々最適化することが、これからのマーケターには益々求められていきます。このソリューションをご活用頂くことで、マーケターの皆様のお仕事をサポートし、またメディアの本来の価値を見出す一助となれば幸いです。」と述べています。

ニールセンOnline Brand Effectについて

2012年7月ニールセンが、オンライン・ブランドインパクトと最適化のためのリアルタイム計測のマーケットリーダーであるVizu社を買収し、アメリカをはじめとする世界各国でオンライン広告効果測定サービスを提供しています。日本市場においても従来提供していた広告効果測定サービスAd Effectivenessを拡張する形でVizu社の広告効果測定サービスをニールセンOnline Brand Effectとして提供を開始します。

サービスの詳細は、下記ウェブサイトでもご覧いただけます。

http://www.netratings.co.jp/solution/OBE.html


  • このエントリーをはてなブックマークに追加