このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2014.1.8

IPONWEB JAPAN、広告主専用のプライベート型統合プラットフォームサービス 『UnifyTM(ユニファイ)』の提供開始

このたび、株式会社アイピーオンウェブジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:手塚圭一、以下IPJ)は、大手広告主向けの新ソリューションとして、統合的なオンライン広告の配信・RTB
※1・データマネジメントを実現する、プライベート型広告プラットフォーム開発サービス『UnifyTM(ユニファイ)』を提供することとなりましたのでお知らせいたします。

背景:

広告配信やデータ管理におけるニーズの多様化から、米国では大手広告主、媒体が独自にDSPやDMPなどのプラットフォームを持つケースも出てきています。そのような状況の中、IPJでは、各広告主向けにカスタマイズされた広告配信、プログラマティックバイイング及びデータマネジメントを実現する為のプライベート型統合プラットフォームサービス『UnifyTM(ユニファイ)』の提供を開始いたします。同サービスでは、広告主ごとのニーズや課題に合わせてアルゴリズムなどの仕様をカスタマイズできるほか、広告主のファーストパーティークッキー※2を用いターゲティングや計測を行うため、サードパーティークッキー※3拒否の設定がされているブラウザに対してもクッキーを使ったターゲティングや計測を行うことが可能となります。

『UnifyTM(ユニファイ)』概要 :

『UnifyTM(ユニファイ)』の機能は、下記の 3 つです。

(1) 広告配信機能
(2) リアルタイム入札機能
(3) データマネジメント

『UnifyTM(ユニファイ)』を導入するメリットは以下の通りです。

(1) ファーストパーティークッキーを使用可能なため、サードパーティークッキー拒否ブラウザにおいてもターゲティングや計測ができる
(2) 解析ツールなどで蓄積されている、既存のファーストパーティークッキーを使ったクリエイティブオプティマイズやリターゲティングが可能となるため、広告配信業者のタグをサイトに埋め込む必要がなくなる
(3) 純広告・アドネットワーク・RTB 全てのメディア買い付けにおいて、広告主のオーディエンスデータを外部と共有することなくターゲティングや計測ができる

今後の展開について:

IPJは、この度の『UnifyTM(ユニファイ)』のように、広告主、広告会社、メディアに対し、最先端かつ透明性の高いサービスを提供することによって、ユーザーが安心してインターネットを利用できる環境を整えてまいります。
また、IPJは親会社である株式会社プラットフォーム・ワンおよびIPONWEBの協力のもと、これまで国内に閉じたサービスがほとんどであった日本の広告ビジネスを、プラットフォームのグローバル展開により、飛躍的に拡大・成長させることを目指して参ります。

以 上

(※1) RTB(Real Time Bidding、リアルタイムビッディング)とは、媒体(売り手)側のシステムが、広告の1表示毎に、広告の買い手である広告会社のシステムに対してリア ルタイムにオークションを行うシステムであり、最高額の入札単価を提示した買い手が競り落とし、かつ自動的に広告を掲出することを可能とする仕組みです。 このRTBの導入により、媒体社は広告収益を最大化することができ、広告主・広告会社はその一瞬一瞬における最適な市場価格で広告露出を図ることができます。

(※2) ファーストパーティークッキーとは
ユーザーが訪問したサイトの、サイト提供者のドメインから発行されたクッキーをファーストパーティークッキーといいます。
媒体社がコンテンツの出し分けやログイン情報の維持などに使用するクッキーが該当します。

(※3)
サードパーティークッキーとは
ユーザーの訪問したサイトとは異なる第三者のドメインから発行されたクッキーをサードパーティークッキーといいます。
サイト上で作動する、トラッキングタグや広告タグが発行するクッキーなどが該当します。

■ 株式会社アイピーオンウェブジャパン
代 表 者 : 代表取締役社長 手塚 圭一
本社所在地 : 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー31F
設 立 : 2011年3月16日
事業内 容 : クラウド型の広告技術サービス「u-Platform」の提供、広告技術に関するコンサルティン
グ、カスタマイズ開発サービスの提供等


  • このエントリーをはてなブックマークに追加