このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2014.1.20

KPIソリューションズ、東京大学/IGPIと人工知能技術を活用した RTB広告取引プラットフォームの共同研究開発を開始!!

KPIソリューションズ(代表取締役 石田 徹郎)は、東京大学 松尾研究室および経営共創基盤(代表取締役CEO 冨山 和彦、以下 IGPI)と共同で、人工知能技術を活用したRTB広告取引プラットフォームの研究開発を開始する。

今回共同研究を行う松尾 豊准教授は人工知能研究における世界的第一人者であり、IGPIは名実ともに日本を代表するコンサルティングファームである。

本取り組みは、KPIソリューションズが保有する「ニューラル・マッチング*1」等の数々の特許技術と、松尾研究チームの最先端人工知能技術を活かし、新たな広告取引プラットフォームの構築に向けた研究を目的としており、さらに将来的には同技術スキームを「社会知」(Social Insight Library)の構築へとつなげていくことを目指している。

これまでにも、KPIソリューションズではベイズ理論等を軸に独自の配信最適化ロジックを構築してきた。
ウェブ広告の適切な配信は、広告主はもとよりネット利用者やメディア運営者にとっても重要な課題であることから、本R&D連携を広告・マーケティング分野への課題解決に活かしていく。
さらに、広告分野にとどまらず、ビッグデータから帰納的な判断を行う「Social Insight Library」プラットフォームの開発にも挑戦する。

*1 ニューラル・マッチング:
DMPやDSP、webアナリティクス(分析・計測)システム、さらには決済インフラなどへ幅広く応用が可能な新トラッキング技術。クッキーを用いないトラッキングを、推定型ではなく、完全特定する点が最大の特徴。広告分野では、iOS(iPhone、iPad)Safariなど、クッキーブロックブラウザへの完全トラッキングを実現する。

■松尾研究室について
東京大学大学院工学系研究科 総合研究機構 准教授 松尾 豊(まつお ゆたか)氏主宰。
ディープラーニングをはじめとする最先端人工知能の研究、ウェブマイニング、Twitterマイニング、選挙予測等幅広い研究を展開。これまでにSPYSEEの開発を手がけたほか、キュレーションサービス「Gunosy」の開発者も輩出。
松尾准教授は米スタンフォード大学 CSLI 客員研究員を経て、現在、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構、技術経営戦略学専攻准教授。東京大学大学院工学系研究科電子情報工学博士課程を修了。博士(工学)。
専門は、人工知能(推論、機械学習)、自然言語処理、社会ネットワーク分析、セマンティックウェブ、ソーシャルネットワーク等。
松尾研究室 GROW PROJECT http://weblab.t.u-tokyo.ac.jp/

■IGPIについて
社名  : 株式会社経営共創基盤
      http://www.igpi.co.jp/
所在地 : 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号
      グラントウキョウサウスタワー17階
設立  : 2007年
資本金 : 56億円
代表者 : 代表取締役CEO 冨山 和彦
事業内容: 長期的・持続的な企業価値・事業価値の向上を目的とした
      『常駐協業型成長支援』等、企業や事業の様々な段階において、
      現場への人材投入を通じて経営支援を実施。

■KPIソリューションズについて
社名  : 株式会社KPIソリューションズ
      http://kpis.jp/
所在地 : 東京都中央区銀座8-15-2 WAVE GINZA 11階
設立  : 2006年8月
資本金 : 9,727万円
代表者 : 代表取締役 石田 徹郎
事業内容: ADテクノロジー事業、Webマーケティングコンサルティング事業

「マーケが変える、変わる世界」をテーマに、WebマーケティングおよびADテクノロジーソリューションの開発と提供を行うソリューション・プロバイダ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加