このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2012.11.7

cci、メディアマインドと優先的オフィシャルパートナーとして連携強化

サイバー・コミュニケーションズとメディアマインド、第三者配信アドサーバープラットフォーム推進に向けてパートナーシップを強化

 株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:長澤 秀行 以下cci)と、第三者配信(※)領域でのリーディングカンパニーであるメディアマインド・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都江東区 代表者:布施 一樹 以下 メディアマインド)は、優先的オフィシャルパートナーとして連携を強化し、第三者配信を活用したオンラインマーケティングマネジメントの更なる拡大を推進していくことをお知らせいたします。

 メディアマインドは、米国DG社の傘下でグローバルに展開している、クロスチャネルのキャンペーンを管理する第三者配信アドサーバーベンダーであるMediaMind Technologies Ltd.の日本法人として設立されました。メディアマインドが提供する第三者配信アドサーバープラットフォーム「MediaMind」は、デジタル広告においてメディア(Webサイト)、広告クリエーティブおよびデータの活用を最適化し、より高い広告効果の実現をサポートします。ワールドワイドで約11,000のブランド広告キャンペーンに携わり、75カ国約11,500のメディアで約4,200の広告制作会社様にサービスを提供しています。

 cciとメディアマインドは、これまでも共同で広告主様・広告会社様に対して「MediaMind」の導入・運用サービスを提供してまいりましたが、先般発表されたYahoo! JAPANの認定第三者配信アドサーバーとしての「MediaMind」の採用に伴い、優先的オフィシャルパートナーとしての連携をさらに強化し、Yahoo! JAPANの提唱する「ユーザーの記憶に残る広告」の提供実現をサポートしてまいります。

 ※第三者配信とは
  個別媒体に配信を任せるのではなく、広告主様側でキャンペーン全体の広告配信を統合管理し、様々なデータの計測やクリエーティブ、フリークエンシーなどの配信コントロールを行う仕組みです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加