このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2014.8.31

セコイヤ・キャピタル出資のアドテクノロジー企業「Appier」 ,アジア初のクロスデバイスターゲティングで日本進出

Appierが日本担当ヴァイス・プレジデントに楽天出身の井料氏を迎え日本オフィス設立アドテクノロジー業界の大手Appier(本社:台湾 代表:游直翰)は28日、新たに日本オフィスを設立するとともに、同社が提供するアジア初のクロスデバイスターゲティング配信サービスを日本でも開始することを発表致します。

Appierの海外支社設立は2014年6月にセコイヤ・キャピタルの出資を受けてからは初めてのことです。また日本担当ヴァイス・プレジデントには、楽天で国際広告部長を務めるなど、長きに渡ってインターネット広告業界に携わってきた井料武志氏が就任することも同時に発表致します。

【Appierとは?】

Appierはハーバード大学やスタンフォード大学の人工知能研究所に所属するシステムエンジニアや有名企業出身のデジタルマーケター、データサイエンティストといった精鋭たちで構成されています。
人工知能とビッグデータのテクノロジーを駆使して適切なコンテンツを適切なユーザーに、適切なタイミングで広告を配信する「クロスデバイスターゲティング」プラットフォームです。クロスデバイスを活用することによりリアルタイムに的確な判断を下し、マーケティングコストのロスを最小限に抑えることが可能になります。

クロスデバイスターゲティングとは?

クロスデバイスターゲティングとはPC、モバイル、タブレットなど多様化する端末環境に対応するため、AI(人工知能)を活用してユーザーがどの端末を使っているかを自動的に感知し、各端末に最適なフォーマットで情報を発信するアドテクノロジーです。

【実績について】

これまでにKATE、日産、シュウウエムラ、ヤマハなどの日本を代表する企業に加え、ハイネケン、IKEA、NIKEを含む多くの一流企業がAppierのサービスを導入し、ターゲットユーザーに有益な情報を配信してきました。

【経歴】

Appier創設者でCEOの游直翰氏は人工知能研究の分野においてハーバード大学とスタンフォード大学の研究室に在籍した経歴を持ち、彼の博士論文は同分野の最優秀論文賞に選ばれました。また、先頃Googleが発表したことでも話題を呼んだロボットカーの基となる自動運転カーをスタンフォード大学の研究チームとともに開発しました。Appier創設以前はソーシャルゲーム開発会社を運営していた経験も持っています。
「AppierはAI(人工知能)とビッグデータを駆使してユーザーに最適な広告の配信ソリューションを提案しています。我々のクロスデバイスターゲティング・テクノロジーは、アジア最先端のインターネット広告産業を持つ日本においても最高の結果とパフォーマンスをマーケター、広告主、そして消費者に提供できると信じています。また日本担当ヴァイス・プレジデントである井料武志氏の豊富な経験と強いパイプラインはAppierを成功へと導いてくれると確信してい
Appierは、世界中の広告主に次世代のクロスデバイスターゲティング・テクノロジーを提供するアドテクノロジー会社。AI(人工知能)とビッグデータの技術を駆使して適切なコンテンツを適切なユーザーに、適切なタイミングで適切なプラットフォームへ配信し、アドコンテンツの力でビジネスとユーザーを繋ぐ架け橋となれるよう日々研究に勤しんでいます。ハーバード大学とスタンフォード大学の人工知能研究チームやデータマイニングの専門家たちに加え、Google、Splunk、Intel、Yahooのデジタルマーケティング担当者を含めたメンバーで構成されたAppierは、最新テクノロジーを活用してクライアントの目標を達成することに全力を尽くします。

【日本担当ヴァイスプレジデント・井料武志(いりょう・たけし) プロフィール】
Takeshi Iryo, VP of Business Development in Japan, Appier

関西学院大学卒。産経新聞社を経て、2000年にリクルートと米国About.com のジョイントベンチャーであったAll About( http://allabout.co.jp) のスタートアップに参加、営業マネージャー、大阪オフィス所長として活躍し、同社の2005年JASDAQ上場に貢献。その後、トランスコスモス、米国リアルネットワークスを経て、2009年に楽天に入社。日本国内の広告ビジネスを主に営業面で大きく成長させた後、同社のグローバル戦略に沿って、国際広告部長として、グローバル広告ビジネスのパイオニアの役割を担った。2014年7月にAppierに入社、現在に至る。

【日本法人「AppierJapan株式会社」会社概要 】

社名:AppierJapan株式会社 [Appier Japan K.K.]
日本担当ヴァイスプレジデント:井料武志
設立:2014年7月
住所:〒108-0014 東京都港区芝五丁目29番20号クロスオフイス三田4F

↓英文リリース内容↓

Appier, a leading advertising technology company today announced its Asia’s first cross-screen targeting technology is now available in Japan. In addition, Appier also announced another milestone in the company’s international expansion with the opening of a new office in Tokyo. Tokyo is Appier’s first office opened after receiving investment from Sequoia Capital in June 2014. The digital industry veteran Takeshi Iryo (井料武志) is appointed as Vice President of Business Development in Japan.

Formed by passionate data scientists, system engineers from Artificial Intelligence labs at Harvard and Stanford University as well as senior digital marketers from leading global companies, Appier has revolutionized marketing by offering Asia’s first proprietary cross-screen marketing solutions leveraging AI and Big Data technology that can deliver the right content to the right audience at the right time on the right screen. With cross-screen targeting, Appier can help marketers make the most accurate and real time decisions to optimize their marketing spend. Global brands and advertising agencies have used Appier’s solution to successfully reach their audiences, including major Japanese brands such as KATE, Nissan, shu uemura, Yamaha as well as global brands such as Heineken, IKEA, Nike and renowned game publishers.

Takeshi Iryo has joined Appier since July 2014. With over 14 years of experience in digital advertising, he will lead Appier’s business growth in Japan. Prior to Appier, Takeshi was most recently the Director of International Advertising at Rakuten and recognized as a pioneer of expanding Rakuten’s global advertising business. Takeshi is also a startup enthusiast; he was a start-up member of AllAbout, where he served as the Head of Osaka Branch in charge of West Japan. His experience and knowledge helped the company go IPO in 2005.

Chih-Han Yu, the Founder and CEO of Appier, is a renowned roboticist. He has built many autonomous robots, including the original version of self-driving car on Stanford’s champion team of the autonomous vehicle competition, which was later acquired by Google. Speaking about this announcement, Chih-Han said, “At Appier, we exploit AI and Big Data to create the best user experience of advertisement. As Japan is the most advanced market in digital advertising in Asia, we believe Appier’s proprietary cross-screen targeting technology can deliver the best performance and value for marketers, advertisers, and consumers. With Takeshi’s abundant experiences and pipelines in digital advertising, we are confident that he will definitely help to lead Appier’s business to success.”

About Appier
Founded in 2012, Appier is a technology company offering next generation cross-screen marketing solutions to advertisers across the globe. Headquartered in Taipei, with offices in San Francisco, Singapore, and Tokyo, Appier is passionate about making advertisement the preferred content that connects businesses and users. Leveraging the power of Artificial Intelligence and Big Data, Appier delivers right marketing content to the right audiences at the right time on the right screen, aiming to make digital marketing experience easier and happier for everyone.

With a solid team of experts in data mining, artificial intelligence, and digital marketing from Google, Splunk, Intel, Yahoo, and renowned AI research groups at Harvard and Stanford University, Appier aspires to utilize the power of technology to help our clients achieve their business goals and maximize their ROI in the global markets. For more information please visit www.appier.com.


当サイトは有志で運営されています。継続的な運営のため、気に入りましたらご支援お願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加